素顔のひとり言

「★波木星龍★」という名のコンテンツ

今年の2月から、今のところauのみだが「★波木星龍★」というタイトルの有料コンテンツがスタートしている。有料のコンテンツではあるが、今現在まで実質的に私のところには1円も入金されてはいない。それでも、一応自分の名前がタイトルとなった妙なコンテンツであるから、何かと気にはなる。自分で試す気にもなれないので、友人のau携帯を時折見せて貰っている。いろいろなコーナーが出来ていて我ながら結構面白い。

ただ、最初、転載されるはずであった私のエッセー(コラム)は、いつの間にか失われてしまった。何故なのか、本人にも解らない。これも最初はやる予定であった携帯上での無料実占コーナーも、理由は判らないが行われないままである。大体、問い合わせても、すぐ返答が返って来なくなってしまった。これを作り上げるまでは、熱心だったメールのやり取りも、まるで「もう必要ありません」とでも云うように、返事すら中々返してもらえない。大体、3月からはソフトバンクの方でスタートするはずであったのに、その開始がなされたのかどうかの連絡さえない。

ここでは名前は挙げないが、私はこれまで電話鑑定をして、入金されないケースがずいぶんあった。先日も、名前を上げれば誰でも知っている企業の系列会社社長が、私の東京の友人を介して電話鑑定を依頼してきた。かなり複雑な問題で、個人鑑定と相性鑑定と風水鑑定だったので金額も3万円と高額なので、それでも良いですか? と念を押した。その社長は「金額は良いけど、なるべく早く鑑定して欲しい」とのことで、スケジュールを開けて電話鑑定を前倒しした。鑑定のとき、私が入金先を告げようとすると「それは良いから…」というので「でも、入金先解りますか?」と念を押した。すると「ホームページ見れば解るんでしょう」と強引な云い方をした。

私は天下の○○○○が、しかもその実の娘だという系列会社社長が、さらには私の友人を介しての依頼であるから、入金しないとは考えがたかった。通常、私は経験的に怪しいと思えば、入金を先にさせる。私はハッキリ云って残念である。入金されないことがではなく、そういう社長をそうとは知らず紹介してきた友人、そして多分そんなことをしているとは露知らない社員、さらには彼女が社長をしている会社から出されている数多くの若い人向けの商品―私はこの社長の行く末を心配せずにはいられない。

もっとも、そうかと思うと、私が忘れた頃になって電話鑑定の料金を入金してくる奇特な人もいる。半年とか、1年とか、中には数年経ってから、入金されていて驚くこともある。

話が逸れてしまったが、そう云うわけで私の「★波木星龍★」のコンテンツは、摩訶不思議な生命体として、完全に私の名前だけで勝手にauの中を浮遊霊のようにさまざまな形で顔を出しているのかもしれない。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.