今日の迷言・余言・禁言

「いい夫婦の日」前日に発見された“奇跡”

世の中には“ウソのような本当の話”というものがある。日本では“語呂合わせ”から11月22日が「いい夫婦の日」と定められている。ちなみに最近かと思ったら1998年から施行されているそうだ。さて、都内に高齢でも“ご夫婦とも元気”で介護サービスを受けていない仲の良いカップルがいた。お子さんはなく、お二人とも97歳&93歳と高齢なので民生委員の方は心配されていたが、奥様の方は元々“水泳の先生”だったらしく健康で、旦那様の方も“銭湯の大浴場に入るのが楽しみ”という健康体で干渉できなかった。ところが、ここ3~4日、室内の電気が点けっぱなしになっているということで、民生委員から警察の方へ連絡が入った。こうして21日に室内を調べたところ既に亡くなっていて、死体解剖の結果、二人とも同日に“病死した”らしいことが判明した。はからずも「いい夫婦」の前日に、奇跡のような形で“一緒に旅立った”のだ。お二人の“死因”については公表されていないが、お二人の年齢から推測すると“老死”である可能性が強い。“老死”というのは、人間の死の中で“もっとも穏やかな死”であるといわれる。痛みや苦しみがなく、天国へと旅立てるのだ。通常は“死の数日前”から、その予兆が訪れて食欲が乏しくなるらしい。ただ二人の食卓には“梅干し”が用意されていたというので、案外、予兆はなかったのかもしれない。こういう“奇跡”を耳にすると、神様も“粋な計らい”をするな…と感心する。普段、まどろっこしい行いばかりで毒づきたくなる神様だが、たまにはこういう“奇跡”も起こして、その“いたずらっぽい部分”をアピールしてくる。本当に“憎めない神様”なんだから…とでも言ってほしいのだろうか。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.