今日の迷言・余言・禁言

「いい夫婦の日」前日に発見された“奇跡”

世の中には“ウソのような本当の話”というものがある。日本では“語呂合わせ”から11月22日が「いい夫婦の日」と定められている。ちなみに最近かと思ったら1998年から施行されているそうだ。さて、都内に高齢でも“ご夫婦とも元気”で介護サービスを受けていない仲の良いカップルがいた。お子さんはなく、お二人とも97歳&93歳と高齢なので民生委員の方は心配されていたが、奥様の方は元々“水泳の先生”だったらしく健康で、旦那様の方も“銭湯の大浴場に入るのが楽しみ”という健康体で干渉できなかった。ところが、ここ3~4日、室内の電気が点けっぱなしになっているということで、民生委員から警察の方へ連絡が入った。こうして21日に室内を調べたところ既に亡くなっていて、死体解剖の結果、二人とも同日に“病死した”らしいことが判明した。はからずも「いい夫婦」の前日に、奇跡のような形で“一緒に旅立った”のだ。お二人の“死因”については公表されていないが、お二人の年齢から推測すると“老死”である可能性が強い。“老死”というのは、人間の死の中で“もっとも穏やかな死”であるといわれる。痛みや苦しみがなく、天国へと旅立てるのだ。通常は“死の数日前”から、その予兆が訪れて食欲が乏しくなるらしい。ただ二人の食卓には“梅干し”が用意されていたというので、案外、予兆はなかったのかもしれない。こういう“奇跡”を耳にすると、神様も“粋な計らい”をするな…と感心する。普段、まどろっこしい行いばかりで毒づきたくなる神様だが、たまにはこういう“奇跡”も起こして、その“いたずらっぽい部分”をアピールしてくる。本当に“憎めない神様”なんだから…とでも言ってほしいのだろうか。


最近の記事はこちら

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になること…続きを読む

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.