今日の迷言・余言・禁言

「おしごと」としての殺人?

最初は“普通の殺人事件”だと思っていた。けれども、だんだん明らかになって来るにつれて、どうもこれは「おしごと」の臭いがするなあ…と感じられてきた。そうでなければ、クーラーボックス3つ、大型収納箱5つも用意しないような気がするのだ。神奈川県座間市で起きた殺人遺棄事件である。容疑者・白石隆浩は、悪質スカウトマンとして知られている人物だったらしい。行方不明になった女性の身内から捜索願が出たことで容疑者・白石の居住するアパートが家宅捜索され男女9名にも及ぶ遺体の一部が発見された。しかも、個々の遺体は“部位ごと”処理されている。そしてクーラーボックスなどで保管していたのだ。「臓器などは捨てた」と言っているらしいのだが、その辺は怪しい。殺人の目的が“お金”であることを告白しているからだ。「自殺サイト」で知り合っての犯行らしいので、元々“殺害行為”そのものは比較的容易だったと思われる。つまり、荒々しい“殺し方”をしなくても、可能なはずなのだ。そうした場合、すぐに遺体を解体することが出来れば「臓器」などを売れるのだ。父親が早く部屋を借りたがっていたということで、当然、“目的”を知っていた可能性がある。それにしても、約2か月間の間に9名もの男女を殺害して、すぐに解体、部位ごと分けてクーラーボックスに保存する。どう考えても尋常な神経ではない。解体作業は浴室だったというから、そのために“借りた部屋”としか言いようがない。実は興味深い資料がある。闇市相場というものがあって、そこで「臓器」は売買される。その中で最も高価なのは「腎臓」で2096万円もする。次が「肝臓」の1256万円、次が「心臓」の952万円と続く。もし、日本にも“闇業者”というのがいるなら、確かに「おしごと」として成立する市場を持っていることになる。殺された人々が、それを知っていたかどうか定かではないが、もしも、どうしても自殺したいという気持ちになって、せめて“自分の臓器を役立てたい”という気持ちになったとしたら、今回の“通報”がなければ、完全なる「おしごと」として、どちらの方々にも感謝されながら続いたのだろうか?


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.