今日の迷言・余言・禁言

「おしごと」としての殺人?

最初は“普通の殺人事件”だと思っていた。けれども、だんだん明らかになって来るにつれて、どうもこれは「おしごと」の臭いがするなあ…と感じられてきた。そうでなければ、クーラーボックス3つ、大型収納箱5つも用意しないような気がするのだ。神奈川県座間市で起きた殺人遺棄事件である。容疑者・白石隆浩は、悪質スカウトマンとして知られている人物だったらしい。行方不明になった女性の身内から捜索願が出たことで容疑者・白石の居住するアパートが家宅捜索され男女9名にも及ぶ遺体の一部が発見された。しかも、個々の遺体は“部位ごと”処理されている。そしてクーラーボックスなどで保管していたのだ。「臓器などは捨てた」と言っているらしいのだが、その辺は怪しい。殺人の目的が“お金”であることを告白しているからだ。「自殺サイト」で知り合っての犯行らしいので、元々“殺害行為”そのものは比較的容易だったと思われる。つまり、荒々しい“殺し方”をしなくても、可能なはずなのだ。そうした場合、すぐに遺体を解体することが出来れば「臓器」などを売れるのだ。父親が早く部屋を借りたがっていたということで、当然、“目的”を知っていた可能性がある。それにしても、約2か月間の間に9名もの男女を殺害して、すぐに解体、部位ごと分けてクーラーボックスに保存する。どう考えても尋常な神経ではない。解体作業は浴室だったというから、そのために“借りた部屋”としか言いようがない。実は興味深い資料がある。闇市相場というものがあって、そこで「臓器」は売買される。その中で最も高価なのは「腎臓」で2096万円もする。次が「肝臓」の1256万円、次が「心臓」の952万円と続く。もし、日本にも“闇業者”というのがいるなら、確かに「おしごと」として成立する市場を持っていることになる。殺された人々が、それを知っていたかどうか定かではないが、もしも、どうしても自殺したいという気持ちになって、せめて“自分の臓器を役立てたい”という気持ちになったとしたら、今回の“通報”がなければ、完全なる「おしごと」として、どちらの方々にも感謝されながら続いたのだろうか?


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.