素顔のひとり言

「おみくじ」の“占い”と、「占い師」の“占い”

日本人の多くが正月になると神社へ向かう。日頃それほど信仰心があるとも思えないような人までもが、どういう訳か神殿に向かって手を合わせようとする。大きな神社であればあるほど大混雑で、長時間並んでやっと賽銭箱の前まで辿り着いても、手を合わせられるのは一瞬で、とても“きちんとした祈り”など捧げられそうもない。それでも人々は賽銭箱にお金を投げ入れようとする。何となく賽銭箱にお金を入れないと、お参りした気にはなれない。あの箱は不思議だ。財布を引き寄せる磁石でも付いているのか。

お参りした後で、多くの人は「おみくじ」も引く。100円だったり、200円だったり、300円だったりする。どこが違うのかはよく分からない。これまで「おみくじ」を引いたことがない…というような人はいるのだろうか。そして当然のことだが占い結果を見る。「大吉」「吉」「小吉」「中吉」「半吉」「末吉」「小凶」「凶」…とあるらしいが、幸いなことに、私自身はこれまで「凶」を引いたことはない。私の友人に「凶」を引いた人物がいて「別に悪いことなんか何にもないよ」と笑っていたが、その年の12月になって父親が亡くなった。まあ84歳だから、悪いことといえるかどうか微妙だが、吉年とは言えなかっただろう。そうすると案外「おみくじ」もバカには出来ないのかもしれない。実際、私は元旦と3日に神社へと出掛けて「おみくじ」を引いた年があり、その両方とも「大吉」だった年は確かに“幸運”だった。神社ではないがヨーロッパに旅行した時、イタリアの教会だったが、ロウソクに灯を燈して“祈りを捧げると願い事が叶う”という祭壇があって、私も購入して灯を燈そうとしたのだが、何度やっても私のだけ灯が点かなかった。そうしたら帰国後、願いが叶うどころかトラブルが続発したものだ。

こういう神仏に関連した占い?というのは各地であるが、海外などでもこれまで結構行ってきた。妙な言い方になるが、神仏による「おみくじ」的な占いは、どういう結果が出ようと責任を問われることがない。台湾では何と「下下下」という結果が出て、ガイドも思わず絶句していた。日本語的にいえば「運勢は下の下の下」ということで最低だった…という訳だ。まあ、頼むよ神仏さん。

最近の“マスコミ向け占い”は、運勢の順位を星座順に与えたりするが、個人を対象とした占いで「下の下の下」はさすがにキツイ!。それでも許されるのは“神仏の判定”だからだ。大体、当たるかどうか全く責任を取らなくても、どこからもクレームが付かないようになっているのが「神仏おみくじ」のすごいところだ。私など最初に種々当てて見せて、ようやく信頼を得て“将来の判断”を行っても許されるというのに…。

それにしても日本の神社仏閣というのは、海外の教会とか寺院とかに比べて“地味な印象”を持つのは私だけであろうか。もう少し華やかさがあると、もっと観光客を呼べるのに…等と不謹慎なことを考えたりしてしまう。東南アジアにある仏教系寺院、或いは道教系寺院の多くは“御守り”も派手である。日本のように“お札”だけが入っているのではない。考えてみると、御守りというのも神社へ行けば誰もが購入してしまう“魔法のグッズ”だ。つまり「お賽銭」「おみくじ」「御守り」の“三点セット”こそ、神社を神社として守り続けている“必殺収入源”なのかもしれない。それぞれの単価は低いとはいうものの“礼拝者の数”を掛け合わせると、何とも巨額が投じられている計算になる。う~ん、神社は何と素晴らしい収入源をお持ちであることか。我が家にも早速「お賽銭箱」を用意しなければ…。

いや、待てよ。大体、私は何で神社へ行き、何で「おみくじ」を引き、何で御守りを購入するのか。私は“占い師”ではなかったか。おみくじを購入するくらいなら、自分で運勢を占えば良い。その方が手っ取り早いし、その方が当たるではないか。御守りだって製作できる。何でわざわざ「おみくじ」を買い、何でわざわざ御守りを購入するのか。おかしいではないか。いや、おかしいというなら毎年種々の『開運暦』を購入したり、占いの入門書を未だに種々購入したり、海外へと出掛けて種々の占い師に観てもらうこと自体おかしいし“ムダな行為”ではないか。仕分け人がいたなら、真っ先に切り捨てられてしまいそうなものではないか。恥ずかしくないのか。こんなことをやっているから「一流占い師」から「三流占い師」へと“格付けチェック”で落っことされて“世の中”から消えてしまうのだ。この“愚か者めが!”――ということで、今年も自虐的に新年をスタートするのであった。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.