今日の迷言・余言・禁言

「お手本」としての日本

アメリカも、中国も、最終的には「世界の覇者でもリーダーでもない」ということを、昨年から今年にかけて、世界は知ることになった。まず、両国は“貿易戦争”で真正面からぶつかり合った。その結果として、どちらも勝利せず、傷つけ合う結果を露呈し合った。その結果、両国は、既に“解決された”かに思えていたもう一つの問題に行き着いた。アメリカは「白人」と「黒人」の対立という構図。中国は「本土」と「香港(厳密には香港以外の中華圏も含む)」の対立という構図。結局、大昔に決着がついていたはずの問題は、くすぶったままであったという事実を世界に知らしめた。自国内での問題が、そして“傷跡”が癒えていない以上、ほんとうの意味での“世界の指導国”には成り得ない。そういう点で言うなら、我が日本は、なんだかんだ言っても、そういう“おおもとの問題”がない。厳密には“関税問題”も、“民族間問題”もないわけではないが、少なくとも、それで国内が二分されるほどの問題としては存在しない。今回の“コロナ騒動”でも、日本人の“結束力”は事態の拡散を一応は最小限にとどめた。かつての「おしん」の国、日本は士農工商の時代から“我慢強さ”が身についているのだ。最近、日本の経済力の“著しい低下”を警告する書籍などが相次いで出版されている。そのこと自体は紛れもない事実で、今後の我が国の重要な課題となっていくと思うが、少なくとも国内におけるまとまりと、社会保障的な制度の確立という点では、世界の指導国としての役割を担っても良いような立場には居る。なるべく早急に、国として“経済力を高める施策”を打ち出していかなければならないが、少なくともアメリカや中国には欠けているモノを「日本」は備えていたのだということを知っておくべきだし、今後の“コロナ後の新しい世界”の「お手本」となるべく“日本らしさ”は失われないよう心掛けたい。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.