今日の迷言・余言・禁言

「がん&余命」と向き合う三人

たまたま同じような“向き合い方”を三人が形であらわした。その三人とは映画監督の大林宜彦氏、歌手の西郷輝彦氏、元コマツ社長の安崎暁氏の三人である。三人共に「がん」に侵されている。大林氏は2016年8月に肺がんが発覚「余命3ヶ月」と宣告された。西郷氏は11月にがんが再発したことを公表し、合わせて6年前に前立腺癌により全摘出手術を受けていたと報告した。安崎氏は今年の秋になって胆のうがん末期であることが判明、延命治療などは受けないことを決意した。それでも、三人はいたって前向きである。大林氏は16日の映画初日の舞台あいさつで、自らの「がん」に対して「お前な、せっかく共存したんだから、やっつけようとは思っていない。一緒に長生きしよう、私と30年生きようやと言ってある」と会場を笑わせた。西郷氏は来年3月の舞台は降板したが、16日はホテルのディナーショーのステージに立って熱唱し、満員となった観客を楽しませた。23日にもディナーショーを行って、今年を終える。安崎氏は12月11日の昼間にインターコンチネンタルホテルで「感謝の会」という催しを盛大に行った。言ってみれば「生前葬」だが、がん末期の生前葬なので、或る種リアリティーを伴った“感謝祭”となり、関係者1000名以上が集まり、明るく晴れ晴れとしたものとなったらしい。そういえば瀬戸内寂聴氏などは口癖のように「明日死ぬかもしれないから…」と言って肉をパクついている。そう言えばみんな許してくれる…とでも思っているようだ。なかなか“良い手”を思いついたものだ。そうなのだ。人は「死」という言葉に弱い。だから、大抵のことは大目に見てくれるし、優しくしてくれるし、助けてくれる。私も「死にそうだ」と口癖のように言いつつ占いを行い、執筆を行おう。そうすれば、多少、占いが外れても咎められることはなく、多少、おかしなことを書いても、笑って許してもらえるに違いない。


最近の記事はこちら

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.