今日の迷言・余言・禁言

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対して「異議」を申し立て、それは受理された。どういうことかというと、4月7日に相模原市の市議会議員選挙が行われた。即日開票で彼女には3158票の票が入った。ところが、同数の票を得ていた人物がいた。実は、この二人が「最下位の椅子」を争っていたのだ。結果として、同数となり“くじ引き決着”となった。これはどの選挙でも同一で、同数の場合には「くじ」で“当選を決める”ことが義務付けられている。実際に2015年にも熊本での市議会議員選挙でも4515票で並び、“くじ引き判定”をしている。“くじ引き”は正当な選挙法なのだ。さて、翌朝8日の早朝に行われた“くじ引き対決”で松浦氏は敗れた。彼女は「こういう形に納得はしていないが受け入れる」とコメントしている。いや、彼女は本当に“受け入れた”わけではなかった。昨日、正式に「異議申立書」を選管の方に提出したのだ。彼女に言わせると、選挙の立ち合いの人達の話として「無効票」となったものの中に「まつうらちかこ」と記されたものが何票か含まれており、それは一文字違いだが「まつうらちづこ」の書き間違いとして認めるべきだ、という主張である。実は、今回の選挙には「松永千賀子」という方も立候補していて、その方の名前が途中から紛れ込んでしまっての“書き違い”だというのだ。選管としては30日以内に、この「異議申立書」の是非を公表するとしている。はてさて、どういう結果が出るのかはわからないが、ここに興味深い“事実”が存在する。実は、彼女のホロスコープを見ると、選挙の日には見出せなかったトランジットのアスペクトが数日前から出現しているのだ。つまり、現在進行中の天王星が、出生時の木星、金星、冥王星、土星と多数の惑星に対してアスペクトを作り始めたのだ。天王星はときどき人生上の“どんでん返し”を行ってくれる。もし、彼女の主張が認められたなら、これはまさしく“天王星のおかげ”だということになる。もし認められないとすれば、四柱命式上で今年は彼女にとって「傷官」年の運気で「官庁関係のことは傷つく年」で“土台が無理だった”とあきらめるのが良い。但し、彼女の命式は「正官・正財」が並んでいて強いので、もう一度立つ機会があれば見事当選できる可能性は高い。


最近の記事はこちら

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.