今日の迷言・余言・禁言

「これしかない」が成功の秘訣

世の中には「器用な人」「何でもそこそこ出来る人」「他分野でも活躍できそうな人」というタイプの人がいます。そうかと思うと「これしかない人」「これ以外無理な人」「これを行うため生れてきたような人」というタイプの人もいます。どちらが良いかは一概に言えませんが、世の中で“成功しやすい”のは「これしかない」タイプです。何故かというと、自分自身でもそれを自覚しているから、まっしぐらに突き進み、後戻りするとか、途中で迷うとかがないからです。器用な人は、どうしても器用であるため「この道で良かったのか」と躊躇するとか、集中力が不足して迷い始めるとかしやすいからです。誰しも人生にはスランプがあり、落とし穴があり、魔手が伸びやすい時期があります。そういうときでも「これしかない人」には“選択の余地”がないのです。仮に“間違って”転職した場合でも、すぐ元に戻るとか、どんなに時間がかかっても転職先で頑張って新たなものを習得しようとします。「器用な人」は、どうしても他に眼が行くので諦めやすく、いったん躓くと立ち直りにくい傾向があります。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.