今日の迷言・余言・禁言

「ごごナマ」が、本当の「ごごナマ」になる時

今年の春から、NHKが鳴り物入りで始めた「ごごナマ」だが、正直まったく面白くなかった。大体「ナマ」が“売り”のはずなのに、まったく「ナマ」を活かすようなニュースやコメントや事件を取り上げようとしない。つまり、ナマであることの“必然性”が全くないのだ。しかも、MCの船越英一郎氏も美保純氏も台本に忠実に従っているから、その個性が死んでいる。特に美保純氏は、本来は“ぶっちゃけキャラ”で人気を出したのに、NHKはそれを押し込めようとするから彼女らしさが全く出ない。これでは面白くなるわけがない。“庶民の茶の間”を意識し過ぎたソファの演出も、座り心地が悪そうで内容的にも合っているとはいいがたい。そんな“つまらない”午後の番組なのだが、前夜に松居一代氏が“決死(?)のユーチューブ”で、夫の船越氏を告発した。その内容はミステリーじみた告発で、名指しの告発であっただけに、当然、その本人が「ナマ」で出ている「ごごナマ」が注目されるところとなった。ところが、当のご本人は“完全スルー”で何らの発言もない。せっかくのマナを、おそらくはプロデューサーやディレクターが“NG”を出しているから一言も喋れない。文字通り「ナマ」のひとかけらもない番組で終わった。ただ一つの“救い”は、いつもより視聴率が良かったことである。つまり、船越氏のリアクションとか発言を期待した人たちが「ナマ」を観ようとしたからだ。しかし「穏やかな午後」をコンセプトにしている(?)NHKとしては、どこまでも「ナマ」の顔を見せてはいけない、という演出らしい。だったら何故「ごごナマ」などという“思わせぶりなタイトル”を付けたのか。それこそ「のんびりソファ」とでもいうタイトルにすれば良いのだ。それなら、今の放映内容は合致する。とにかく、NHKも船越氏も、それから「週刊文春」編集部も、松居一代氏の“大宣伝”には感謝すべきである。身体を張って「ごごナマ」や「週刊文春」を宣伝してくれているのだ。低迷する「ごごナマ」にとっては、救世主になるかもしれない存在である。それを“完全スルー”してしまっては、せっかく「ナマ」を期待した視聴者たちを裏切ることになる。もし、ナマを扱えないなら一週間分、録画撮りして流したらどうなのか。


最近の記事はこちら

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のとこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.