今日の迷言・余言・禁言

「ごごナマ」が、本当の「ごごナマ」になる時

今年の春から、NHKが鳴り物入りで始めた「ごごナマ」だが、正直まったく面白くなかった。大体「ナマ」が“売り”のはずなのに、まったく「ナマ」を活かすようなニュースやコメントや事件を取り上げようとしない。つまり、ナマであることの“必然性”が全くないのだ。しかも、MCの船越英一郎氏も美保純氏も台本に忠実に従っているから、その個性が死んでいる。特に美保純氏は、本来は“ぶっちゃけキャラ”で人気を出したのに、NHKはそれを押し込めようとするから彼女らしさが全く出ない。これでは面白くなるわけがない。“庶民の茶の間”を意識し過ぎたソファの演出も、座り心地が悪そうで内容的にも合っているとはいいがたい。そんな“つまらない”午後の番組なのだが、前夜に松居一代氏が“決死(?)のユーチューブ”で、夫の船越氏を告発した。その内容はミステリーじみた告発で、名指しの告発であっただけに、当然、その本人が「ナマ」で出ている「ごごナマ」が注目されるところとなった。ところが、当のご本人は“完全スルー”で何らの発言もない。せっかくのマナを、おそらくはプロデューサーやディレクターが“NG”を出しているから一言も喋れない。文字通り「ナマ」のひとかけらもない番組で終わった。ただ一つの“救い”は、いつもより視聴率が良かったことである。つまり、船越氏のリアクションとか発言を期待した人たちが「ナマ」を観ようとしたからだ。しかし「穏やかな午後」をコンセプトにしている(?)NHKとしては、どこまでも「ナマ」の顔を見せてはいけない、という演出らしい。だったら何故「ごごナマ」などという“思わせぶりなタイトル”を付けたのか。それこそ「のんびりソファ」とでもいうタイトルにすれば良いのだ。それなら、今の放映内容は合致する。とにかく、NHKも船越氏も、それから「週刊文春」編集部も、松居一代氏の“大宣伝”には感謝すべきである。身体を張って「ごごナマ」や「週刊文春」を宣伝してくれているのだ。低迷する「ごごナマ」にとっては、救世主になるかもしれない存在である。それを“完全スルー”してしまっては、せっかく「ナマ」を期待した視聴者たちを裏切ることになる。もし、ナマを扱えないなら一週間分、録画撮りして流したらどうなのか。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.