今日の迷言・余言・禁言

「ごごナマ」が、本当の「ごごナマ」になる時

今年の春から、NHKが鳴り物入りで始めた「ごごナマ」だが、正直まったく面白くなかった。大体「ナマ」が“売り”のはずなのに、まったく「ナマ」を活かすようなニュースやコメントや事件を取り上げようとしない。つまり、ナマであることの“必然性”が全くないのだ。しかも、MCの船越英一郎氏も美保純氏も台本に忠実に従っているから、その個性が死んでいる。特に美保純氏は、本来は“ぶっちゃけキャラ”で人気を出したのに、NHKはそれを押し込めようとするから彼女らしさが全く出ない。これでは面白くなるわけがない。“庶民の茶の間”を意識し過ぎたソファの演出も、座り心地が悪そうで内容的にも合っているとはいいがたい。そんな“つまらない”午後の番組なのだが、前夜に松居一代氏が“決死(?)のユーチューブ”で、夫の船越氏を告発した。その内容はミステリーじみた告発で、名指しの告発であっただけに、当然、その本人が「ナマ」で出ている「ごごナマ」が注目されるところとなった。ところが、当のご本人は“完全スルー”で何らの発言もない。せっかくのマナを、おそらくはプロデューサーやディレクターが“NG”を出しているから一言も喋れない。文字通り「ナマ」のひとかけらもない番組で終わった。ただ一つの“救い”は、いつもより視聴率が良かったことである。つまり、船越氏のリアクションとか発言を期待した人たちが「ナマ」を観ようとしたからだ。しかし「穏やかな午後」をコンセプトにしている(?)NHKとしては、どこまでも「ナマ」の顔を見せてはいけない、という演出らしい。だったら何故「ごごナマ」などという“思わせぶりなタイトル”を付けたのか。それこそ「のんびりソファ」とでもいうタイトルにすれば良いのだ。それなら、今の放映内容は合致する。とにかく、NHKも船越氏も、それから「週刊文春」編集部も、松居一代氏の“大宣伝”には感謝すべきである。身体を張って「ごごナマ」や「週刊文春」を宣伝してくれているのだ。低迷する「ごごナマ」にとっては、救世主になるかもしれない存在である。それを“完全スルー”してしまっては、せっかく「ナマ」を期待した視聴者たちを裏切ることになる。もし、ナマを扱えないなら一週間分、録画撮りして流したらどうなのか。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.