今日の迷言・余言・禁言

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”をしている。何故か「グラビアアイドル」という形での男性はいない。なぜだ。女性が購入してくれないからに決まっている。男性は、なぜ「写真集」を購入するのだろう。いや、実際には女性達も購入している。不思議な事実だ。つまり男性も女性も、女性の身体の写真集を“魅惑的”に思うらしい。今年、49歳となったタレントでヨガスタジオ経営者・中島史恵さんが9年ぶりに写真集を発売し、その記念イベントを行った。49歳で写真集に再挑戦した彼女だが、それを促したのは夫の一言であったらしい。そういえば35歳で5年ぶりに写真集を出した熊田曜子さんも夫の了解を得ている。二児の出産を経て36冊目だそうだ。日本も“良い国”になったものだ。しかも、そういう“きちんと人妻となったアイドル”の写真集を、男性だけでなく、女性も購入してくれる。なんて律儀で“健全な国”なのだ。この人たちの“ハダカ”は正直すこし健康的過ぎて、性的興奮にはつながらないように思うが、それでいながら未だに売れ続けている。そういう意味でも日本は“健全な国”なのだ。しかも中島史恵さんが、今後も写真集を出す可能性があるかを問われて、放った言葉が最高にいい。「ご要望がある限り…出していきたい」そう、何しろ、アイドルなのだから、グラビアアイドルとしての需要があれば出す。あくまでも「ご要望があれば…」なのだ。そして、極めて“健全な男女たち”が、決して激しくではなく、密かに、つつましく、ご要望するに違いない。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.