今日の迷言・余言・禁言

「それぞれに倖せがある」を描いたら、売れた!

カラテカの矢部太郎氏をご存じだろうか。細くて小さくて、いつも“ひょうひょう”とした感じの芸人だ。その矢部太郎著『大家さんと僕』が売れに売れている。10月に発売して既に15万部を突破したらしい。矢部氏が8年前から2階を間借りしている一軒家の大家さんとの関係を描いた作品で、漫画家の倉科遼氏に“作品化”を勧められ、描き出したらスイスイと形になった不思議な作品である。たまたま前に借りていた部屋がトラブル続きで“広いところ”に住みたいと見つけ出したのが現在の住居だ。大家さんとの出逢いからのエピソードを、ほっこり切なく描いてある。39歳の孫息子と87歳の祖母との関係のような、奇妙とも心温まるともいえる“不思議な関係”を描いた作品である。彼自身は、2階の自分と1階の大家さんとの暮らしや繋がりから「それぞれの倖せがある」ということを描きたかったのだという。実は、私がここに取り上げたのは、この二人は気付いていないが、運命学的にはここに“パートナーの法則”が作用しているからだ。つまり、二人は、それぞれに“孤独”だったのだ。その二人が“一つ屋根の下”で暮らすことになった。こういう風になった時、それが“異性同士”である場合、運命学的には“パートナー関係”が作用し始める。早い話が“結婚”したのと同じような“形”が作用し始めるのだ。もちろん、本人たちに“そういう意識”は全くないし、無い方が良い。けれども、運命学的には“そういう作用”が働くので、二人の相性が良い場合、公私ともにプラスの作用が働くことになる。したがって、二人の関係をそのまま描くことによって、矢部氏は“人気”や“収益”を得られることになったのだ。もちろん、彼女の方も“若さ”や“健康”を得て、さらに母親のような感覚での“生きがい”を得ることにもなった。しかも、もう一つの大切なことは、正に矢部氏の言うがごとくに、人には“それぞれの倖せ”があり、決して型に当てはめたような“倖せ”だけが、倖せではないということを世間に知らしめることが出来た。これこそが“二人”がデートをしながら、体験的に知ることになった“最大の功績”なのである。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.