今日の迷言・余言・禁言

「それぞれに倖せがある」を描いたら、売れた!

カラテカの矢部太郎氏をご存じだろうか。細くて小さくて、いつも“ひょうひょう”とした感じの芸人だ。その矢部太郎著『大家さんと僕』が売れに売れている。10月に発売して既に15万部を突破したらしい。矢部氏が8年前から2階を間借りしている一軒家の大家さんとの関係を描いた作品で、漫画家の倉科遼氏に“作品化”を勧められ、描き出したらスイスイと形になった不思議な作品である。たまたま前に借りていた部屋がトラブル続きで“広いところ”に住みたいと見つけ出したのが現在の住居だ。大家さんとの出逢いからのエピソードを、ほっこり切なく描いてある。39歳の孫息子と87歳の祖母との関係のような、奇妙とも心温まるともいえる“不思議な関係”を描いた作品である。彼自身は、2階の自分と1階の大家さんとの暮らしや繋がりから「それぞれの倖せがある」ということを描きたかったのだという。実は、私がここに取り上げたのは、この二人は気付いていないが、運命学的にはここに“パートナーの法則”が作用しているからだ。つまり、二人は、それぞれに“孤独”だったのだ。その二人が“一つ屋根の下”で暮らすことになった。こういう風になった時、それが“異性同士”である場合、運命学的には“パートナー関係”が作用し始める。早い話が“結婚”したのと同じような“形”が作用し始めるのだ。もちろん、本人たちに“そういう意識”は全くないし、無い方が良い。けれども、運命学的には“そういう作用”が働くので、二人の相性が良い場合、公私ともにプラスの作用が働くことになる。したがって、二人の関係をそのまま描くことによって、矢部氏は“人気”や“収益”を得られることになったのだ。もちろん、彼女の方も“若さ”や“健康”を得て、さらに母親のような感覚での“生きがい”を得ることにもなった。しかも、もう一つの大切なことは、正に矢部氏の言うがごとくに、人には“それぞれの倖せ”があり、決して型に当てはめたような“倖せ”だけが、倖せではないということを世間に知らしめることが出来た。これこそが“二人”がデートをしながら、体験的に知ることになった“最大の功績”なのである。


最近の記事はこちら

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.