今日の迷言・余言・禁言

「なんじゃこりゃ」で“石原軍団”は消えていく

私が「松田優作」という俳優を初めて見たのは『西部警察』というTVドラマだった。もしかしたら『太陽にほえろ』の方が先だったのかもしれないが、そちらの方は見ていない。とにかく、まだ駆け出しの若手俳優だったころで、役柄も別部署から配属されてきた異色刑事という設定だったが、その演技というか物言いというか正に“超個性派”で、強烈な印象を受けた。「こんな俳優がいるんだ」と圧倒されたのを記憶している。もちろん、それは“あの時代”だから「許された刑事」で、もし今ならたちどころにコンプライアンスで引っ掛かる。スポンサーからも視聴者からも批判が殺到することだろう。けれども、彼の風貌や物言いは“あの時代”に相応しく、その“存在感”において誰よりも輝いていた。そのうち彼は、別なTV番組やアクション映画などで人気を得ていくようになるのだが、私は『西部警察』に出ていた時の松田優作氏の“縦横無尽さ”が、いちばん好きだった。その故・松田優作氏も所属していた「石原軍団」が昨日、正式に来年1月を持って解散することが発表された。もう十年近くも前から、実質的にはほとんど機能しなくなっていた映画プロダクションだった。かつて石原裕次郎氏が立ち上げ、渡哲也、神田正輝、舘ひろしなど、そうそうたる俳優を輩出してきた。裕次郎氏が亡くなってからは、実質、渡哲也氏が“軍団”を率いた。けれども、その渡氏は現在闘病中で、とても社長の重責を担えない。一応、裕次郎氏の奥様である石原まき子氏をトップに据えて来たが、もう86歳で年齢的にも潮時と判断したようだ。「石原軍団」というと近年は災害時の“炊き出し”で有名であるが、メンバーが老齢になりつつあって、それ自体も辛くなってきているに違いない。何しろ、舘ひろし氏も神田正輝氏も70歳である。解散後は二人とも独立して俳優業を行うらしい。観相学的には、舘ひろし氏の方は法令線がクッキリしていて、まだまだ現役俳優として活動できるし、後輩何人かは付いてくることだろう。神田正輝氏の方は何となく“勢い”が乏しい。松田優作氏が「西部警察」で暴れていた時期が、石原軍団の最盛期だったのかもしれない。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.