今日の迷言・余言・禁言

「のん」ちゃん雲にのる

大昔、私がまだ子供時代に「のんちゃん、雲にのる」という漫画だったか、小説だったか、ドラマだったか、忘れてしまったが、とにかくそういうタイトルの作品があった。女優の「のん」(元・能年玲奈)さんがCM収入だけで今年度は「1億円越えとなりそうだ」という記事が目に留まった。一時期、彼女に対してマスコミは大バッシングを行っていた。事務所との契約トラブルで「芸能界追放」とか「二度と表舞台には立てない」とか「洗脳された」とか、いろいろなうわさが飛んだ。実際、前事務所からは解雇となって「能年玲奈」という“看板”も使えなくなった。彼女が仕方なく個人事務所から「のん」という名で活動再開したときにも、マスコミはバッシングを止めなかった。けれども、私は彼女の“人相”や“手相”から、また“ホロスコープ”や“四柱命式”から、この女優が、このまま終わってしまうとはとても思えなかった。だから、そういう意味のことを何度か書いた。「のん」に変えたことで“子供向け作品”や“旅情番組”等に出れば良い、そして新たな分野で“人気爆発する”可能性も示唆した。もちろん、前事務所とのトラブル後遺症は大きく、未だ“正規の女優”として表舞台に出て来ているわけではない。けれども、このほど新たにJR西日本のイメージキャラクターとして「転落防止キャンペーン」でのCMが加わることになった。私がかつて指摘したように、“地方”とか“旅情”とか“子供向け”のCMとして既に10本くらいに出演しているのだ。その結果として、正規の女優業は行っていないのに、1億越えの収入を得ているのだ。正に占術的なものが示唆していた“強運”そのものである。ほとんどの人が「能年玲奈」の“看板”を失ったなら、芸能界では生きていけないだろうと見立てたが、そうではなかったのだ。私は“ダメ押し”のように書くのは好きではないので書いてこなかったが、かつてもっとも輝いていた時の小池百合子氏に対し、都知事選出馬の時から疑問を呈していたのは私なのだ。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.