今日の迷言・余言・禁言

「やすらぐ」ということの幸福

何かで常に“頭を悩ませている”とか、何かで常に“不安を抱いている”とかいうような日々が続いている場合、ほっと一息つくことが出来て、一時的ではあったとしても“安らぐ気持ち”でベッドに横たわるとき、それだけで人は「倖せ」を感じることが出来たりするものです。通常なら“何も感じず”、当たり前のこととしてベッドにもぐり込むだけの時なのです。それなのに、日々“悩み続けている”状態とか、日々“不安から遁れられない”状態の時には、その“苦悶”から一時的に解き放たれた“安らぐベッド”が、まるで「天国」でもあるかのように“幸福をもたらしてくれる”ものなのです。つまり、人が「倖せ」というものを、より実感できるのは“心が休まらない状態”が続いてきた時が一番なのです。心が休まらず、心の底から“ゆっくりと安心して眠る”ということが出来ない状態の中では、人は決して「倖せ」にはなれないのです。どんなに金品あふれた生活をしていたとしても、心の大半を“悩み”や“不安”が占めている中では、本当に“やすらぐ”ことが出来ないので「安眠」できないからです。ただベッドに入って、ただ「安心して眠る」というそれだけのことなのに、実は“それ”こそが、何よりも「倖せ」と直結しているのです。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.