今日の迷言・余言・禁言

「やっぱり」と思ってしまう“死去”

昨日「ロック界のカリスマ」として一時代を築いた内田裕也氏が亡くなった。享年79歳。したがって、特別、早すぎるということもない。それに、ここ何年かは脚が弱り車椅子姿だった。2017年11月には脱水症状で緊急入院もしている。そういう状態なのだから、あえて持ち出すべき“話題”ではないのかもしれない。けれども、誰もが何となく「やっぱり」と思う。半年前、良い意味でも悪い意味でも“個性的な夫婦”として引き合いに出された妻・女優の樹木希林氏が全身がんで亡くなっている。その葬儀に出席した時の内田裕也氏の“憔悴した表情”が印象に残っている。不思議なもので影響力の強い“夫婦”“親子”“兄弟”などは、その一方が亡くなると、まるでその後を追うように、もう一方も亡くなってしまう。大体、その一年以内が多い。だから、多くの場合「連れていかれた」という表現をする。どうして死者は“連れて行こう”とするのだろう。そして、どうして生者は“連れていかれる”のだろう。もちろん、実際にそう思っているはずもないのだが、結果的にはそうなる場合も多い。一つには“一緒に居たい”という執念。それが“双方”に働いた時、そういう現象が起こりがちである。或いは自分が“傍に居てやらなければ…”という情念。それが強すぎる場合。「念の世界」では“生”も“死”もない。だから“一体化”の方向へと無意識に動いていく。つまり、それを防ぐには「別な世界」に旅立ったのだということを、双方ともに“確認させる”必要がある。そうでないと医薬だけでは防ぎきれないのだ。双方と言っても、その一方は既に旅立っている。どうやって確認させるのか。この場合「霊界通信」可能なのは、当然ながら墓標と仏壇だ。そのどちらかに向かって言い聞かせることである。より“確認”が必要なのは生者の方である。まず“ついていきたい”とか、“一緒に居たい”とか、“お世話したい”とか、余計な心配をしないことである。また夢の中に“真っ白い衣裳”や“真っ黒い衣裳”で亡くなった人物が登場した時、そして本人に対して「ついておいで」とか「一緒に行こう」とか「手を繋ごう」とか誘ってきたとき、それをまともに受けてはいけないのだ。それは本人を“霊界に導く”予告夢となる。


最近の記事はこちら

日本人3割が、今も喫煙している事実

そういえば今もタバコは売られている。だから無くなったわけではなかった。けれども一般的な感覚として、何となく今の日本にはもうタバコを吸う人達はいなくなったかのような印象を受けていた。街でタバコを吸う人を…続きを読む

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.