今日の迷言・余言・禁言

「やっぱり」と思ってしまう“死去”

昨日「ロック界のカリスマ」として一時代を築いた内田裕也氏が亡くなった。享年79歳。したがって、特別、早すぎるということもない。それに、ここ何年かは脚が弱り車椅子姿だった。2017年11月には脱水症状で緊急入院もしている。そういう状態なのだから、あえて持ち出すべき“話題”ではないのかもしれない。けれども、誰もが何となく「やっぱり」と思う。半年前、良い意味でも悪い意味でも“個性的な夫婦”として引き合いに出された妻・女優の樹木希林氏が全身がんで亡くなっている。その葬儀に出席した時の内田裕也氏の“憔悴した表情”が印象に残っている。不思議なもので影響力の強い“夫婦”“親子”“兄弟”などは、その一方が亡くなると、まるでその後を追うように、もう一方も亡くなってしまう。大体、その一年以内が多い。だから、多くの場合「連れていかれた」という表現をする。どうして死者は“連れて行こう”とするのだろう。そして、どうして生者は“連れていかれる”のだろう。もちろん、実際にそう思っているはずもないのだが、結果的にはそうなる場合も多い。一つには“一緒に居たい”という執念。それが“双方”に働いた時、そういう現象が起こりがちである。或いは自分が“傍に居てやらなければ…”という情念。それが強すぎる場合。「念の世界」では“生”も“死”もない。だから“一体化”の方向へと無意識に動いていく。つまり、それを防ぐには「別な世界」に旅立ったのだということを、双方ともに“確認させる”必要がある。そうでないと医薬だけでは防ぎきれないのだ。双方と言っても、その一方は既に旅立っている。どうやって確認させるのか。この場合「霊界通信」可能なのは、当然ながら墓標と仏壇だ。そのどちらかに向かって言い聞かせることである。より“確認”が必要なのは生者の方である。まず“ついていきたい”とか、“一緒に居たい”とか、“お世話したい”とか、余計な心配をしないことである。また夢の中に“真っ白い衣裳”や“真っ黒い衣裳”で亡くなった人物が登場した時、そして本人に対して「ついておいで」とか「一緒に行こう」とか「手を繋ごう」とか誘ってきたとき、それをまともに受けてはいけないのだ。それは本人を“霊界に導く”予告夢となる。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.