今日の迷言・余言・禁言

「アイドル」が“普通の結婚”を択ぶ時

タレントで“元アイドリング”の菊地亜美さんが一般男性と2月1日の結婚を報告した。最近、アイドルとして活躍してきた女性が“普通の結婚”を選択するケースが多くなってきたような気がする。1月31日には“元SKE48”の藤本美月さんが“普通の結婚”をしている。同じ日“歴ドル”という形で活躍するタレントの美甘子さんも“普通の結婚”をしている。1月22日には“元SKE48”の金子栞さんも“普通の結婚”をしている。1月18日には「めざましどようび」のメインでアイドル的存在の長野美郷さんも“普通の結婚”をしている。なぜか今年に入って「アイドル」だった女性が、次々と一般人男性との“普通の結婚”をしているのだ。昔と違って、現在は“有名であること”や“人気があること”や“華やかに見えること”が、必ずしも“幸せな結婚”のパスポートではないことを誰もが感じ取っている。有名人同士の結婚生活より、一般男性との結婚生活の方がプライベートも守られる。収入面とか、将来性とかでも、不安定な芸能界とかアスリートより堅実で安定している方を選びがちである。特に、名前だけは広く知られていても実収入に乏しいとか、過酷な仕事を強いられた経験を持つアイドルほど、その意識が強いようだ。実際、グラビア関係の仕事などでは通常のOLより収入が乏しいケースも多い。タレントも、その時々で仕事量が異なり、急に忙しくなるとか、急に暇になるなど安定性に欠ける。そういう体験をしてきて“普通の会社員”に憧れを抱くのは、むしろ当然なのかもしれないのだ。通常なら“羨望の眼差し”で見られる芸能人が、意外なほど堅実な選択をするのはごく自然な流れだと言える。おそらく「アイドル過剰時代」に入った現在、こういう流れはどんどん増えていくだろう。アイドルが会社員に憧れ、会社員がアイドルを択ぶ…そういう時代の幕開けになりそうな“普通の結婚”ラッシュなのだ。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.