今日の迷言・余言・禁言

「アイドル」が“普通の結婚”を択ぶ時

タレントで“元アイドリング”の菊地亜美さんが一般男性と2月1日の結婚を報告した。最近、アイドルとして活躍してきた女性が“普通の結婚”を選択するケースが多くなってきたような気がする。1月31日には“元SKE48”の藤本美月さんが“普通の結婚”をしている。同じ日“歴ドル”という形で活躍するタレントの美甘子さんも“普通の結婚”をしている。1月22日には“元SKE48”の金子栞さんも“普通の結婚”をしている。1月18日には「めざましどようび」のメインでアイドル的存在の長野美郷さんも“普通の結婚”をしている。なぜか今年に入って「アイドル」だった女性が、次々と一般人男性との“普通の結婚”をしているのだ。昔と違って、現在は“有名であること”や“人気があること”や“華やかに見えること”が、必ずしも“幸せな結婚”のパスポートではないことを誰もが感じ取っている。有名人同士の結婚生活より、一般男性との結婚生活の方がプライベートも守られる。収入面とか、将来性とかでも、不安定な芸能界とかアスリートより堅実で安定している方を選びがちである。特に、名前だけは広く知られていても実収入に乏しいとか、過酷な仕事を強いられた経験を持つアイドルほど、その意識が強いようだ。実際、グラビア関係の仕事などでは通常のOLより収入が乏しいケースも多い。タレントも、その時々で仕事量が異なり、急に忙しくなるとか、急に暇になるなど安定性に欠ける。そういう体験をしてきて“普通の会社員”に憧れを抱くのは、むしろ当然なのかもしれないのだ。通常なら“羨望の眼差し”で見られる芸能人が、意外なほど堅実な選択をするのはごく自然な流れだと言える。おそらく「アイドル過剰時代」に入った現在、こういう流れはどんどん増えていくだろう。アイドルが会社員に憧れ、会社員がアイドルを択ぶ…そういう時代の幕開けになりそうな“普通の結婚”ラッシュなのだ。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.