今日の迷言・余言・禁言

「アイドル」が“普通の結婚”を択ぶ時

タレントで“元アイドリング”の菊地亜美さんが一般男性と2月1日の結婚を報告した。最近、アイドルとして活躍してきた女性が“普通の結婚”を選択するケースが多くなってきたような気がする。1月31日には“元SKE48”の藤本美月さんが“普通の結婚”をしている。同じ日“歴ドル”という形で活躍するタレントの美甘子さんも“普通の結婚”をしている。1月22日には“元SKE48”の金子栞さんも“普通の結婚”をしている。1月18日には「めざましどようび」のメインでアイドル的存在の長野美郷さんも“普通の結婚”をしている。なぜか今年に入って「アイドル」だった女性が、次々と一般人男性との“普通の結婚”をしているのだ。昔と違って、現在は“有名であること”や“人気があること”や“華やかに見えること”が、必ずしも“幸せな結婚”のパスポートではないことを誰もが感じ取っている。有名人同士の結婚生活より、一般男性との結婚生活の方がプライベートも守られる。収入面とか、将来性とかでも、不安定な芸能界とかアスリートより堅実で安定している方を選びがちである。特に、名前だけは広く知られていても実収入に乏しいとか、過酷な仕事を強いられた経験を持つアイドルほど、その意識が強いようだ。実際、グラビア関係の仕事などでは通常のOLより収入が乏しいケースも多い。タレントも、その時々で仕事量が異なり、急に忙しくなるとか、急に暇になるなど安定性に欠ける。そういう体験をしてきて“普通の会社員”に憧れを抱くのは、むしろ当然なのかもしれないのだ。通常なら“羨望の眼差し”で見られる芸能人が、意外なほど堅実な選択をするのはごく自然な流れだと言える。おそらく「アイドル過剰時代」に入った現在、こういう流れはどんどん増えていくだろう。アイドルが会社員に憧れ、会社員がアイドルを択ぶ…そういう時代の幕開けになりそうな“普通の結婚”ラッシュなのだ。


最近の記事はこちら

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

デヴィ婦人ではなく、孫正義氏が「顔」

日本では最近、未来に関しては“浮かない話”が多い。せっかく海外からの投資資金を呼び込むのに“絶好のチャンス”だった「IR事業構想」も、一部のおかしな政治家が賄賂など受け取ったことで、もはや“汚い事業”…続きを読む

「豪」→「比」→「 」の自然災害

ご存じのように「豪=オーストラリア」の“森林火災”は自然災害だ。そして今月12日「比~フィリピン」の“タール火山”が大噴火した。ただ、これは序章であって、もっと“大きな爆発的噴火”が起こる可能性もある…続きを読む

インターネットが「中国」を変えた

私が中国を初めて訪れてから、もう25年以上が経つ。だから、国として変わっていくのは当然なのだが、それにしても大きく変わったと思う。或る記事に、最近の中国でSNS上に投稿された何枚かの写真と説明が“論議…続きを読む

「匿名中傷者」を減らす第一歩

世の中には“顔”や“名前”が出なければ何をやっても良い、という困った考えの持ち主がいる。本人としては「罪」としての意識が低いのかもしれないが、“ネット上の批判や中傷”も度が過ぎれば当然「犯罪」の範疇に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.