今日の迷言・余言・禁言

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的である。つい昨日まで無名の中学生とか高校生とかが、あっという間に日本を代表するようなアイドルに変わっていくのだ。確かに、そういう人達がいるのは事実だ。けれども実際には、その確率は極めて低い。毎日、何人ものアイドル達がデビューしているが、その多くは何年後かにひっそりと消えていく。実際、冨田真由氏も2011年7月、まだ15歳の時にアイドルユニット「シークレットガールズ」の一人としてデビューを果たしていた。けれども、そのメンバーとしての活動期間は2年に至らなかった。その後、彼女は「シンガーソングライター・冨田真由」として再スタートを切る。いつの間にか大学生になっていた。小さな芸能事務所。小さなライブ会場。それでも彼女には“熱心なファンたち”がいた。小さな事務所に所属するアイドルの場合、自らSNSで宣伝活動をすることは必然である。そうすることで一人でも多くの人が自分の存在に気付き、自分の歌を聴きに来てくれるかもしれないのだ。けれども、ファンというのは必ずしも“良識”があるとは限らない。歌手とかアイドルとして好きになってくれるのではなく、時には個人的な恋愛感情から好きになってしまう場合もある。そういうファンの一人に岩崎友宏受刑者がいた。彼はかなり熱烈なファンとして接近してきた。必ず、ライブ会場には足を運んだ。そして、贈り物などを送ってくるようになった。彼が贈って来たものの中に腕時計があった。高額なものを受け取るのは何となく怖かった。そこで冨田氏は、その時計を送り返したのだ。これが、間違いだった。本当のアイドルはどんな高額品も喜んで受け取り、嬉しそうな写真を載せると良い。そうすると贈った方は満足するのだ。そういうファン心理を冨田氏は知らなかった。もっとも大手事務所と違って、身辺警護の無いアイドルにとってストーカー的な要素を感じるファンに警戒心を持つのは当然でもあった。時計を贈って来た岩崎が、送り返されたことで“悪魔”に変わった。執拗に罵倒し、彼女を追い回すように変わったのだ。「死ね」という文字が散見されるようになる。冨田氏は警察に相談する。一度だけではない。ライブの2日前にも相談に行ったのだ。けれども警察は深刻なものとしては取り合わなかった。ライブ会場付近にも警察官を手配しなかった。その結果、彼女はライブ会場の手前でめった刺しにされた。34箇所も刺されたのだ。意識不明の重体で緊急搬送された。その後、かろうじて命はとりとめた。犯人は懲役14年6月の懲役刑を受け、現在も服役中である。彼女の方は未だに心身とも癒えてはいない。歌うことも食べることもマヒが残っていて十分にできない。視力も低下し、脳梗塞となり、人にぶつかって歩く。PTSDを発症していて、怖くて公共の乗り物さえ一人では乗れない。そういう状態の中で、母親と本人とで警視庁管轄の東京都、加害者、芸能事務所の三者を相手取り、総計7600万円の提訴を行う。提訴の結果がどうあれ、それで身心が癒えるものではない。失った代償はあまりに大きく「アイドル稼業」は“大きな危険”と隣り合わせであることを、改めて感じさせる。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.