今日の迷言・余言・禁言

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを知って驚嘆した。同人誌と言えば、アマチュアやセミプロの人達が作成している雑誌で「とらのあな」が扱っているのは、その9割以上が漫画関係だと思われる。しかも、通常の書店には並ばない雑誌群だ。先に行われていた“コミケ”でもそうだったが、今や完全に“商業化”している漫画同人誌は、アマチュアであっても人気ある作品とか雑誌とかだと、プロの作品として書店販売されるものよりもはるかに人気があり、売れ行きが良い。そうでなければ年商230億円に達するはずがない。通常、雑誌というのは、雑誌社があり、そこから依頼された作家が執筆し、それを雑誌社の方で編集・制作・印刷して、流通の日販などを通じて書店へと運ばれ販売される。ところが、同人誌の場合、作家(漫画家)は雑誌社を兼ねている。つまり、自分が書きたいと思ったものを、何の規制もなく描き上げ、自ら編集し、印刷所に依頼・製作する。つまり何でも一人、或いは数人の同人が行う。したがって、最初の製作費は自分持ちだが、売り上げの何割かを「とらのあな」側に与えれば、プロ漫画家の何倍もの比率で収益を手にする。そういう意味では、アマチュアとかセミプロとかいうものの実質的には独立した出版社・雑誌社と何ら変わらない。現在は、そういう人たち向けの印刷会社も存在していて、少部数からの印刷・製本を取り扱っている。今は昔と違い高性能のパソコンやソフトさえあれば、アマチュアもプロも変わらない作品が仕上がる。芸術関連は、押しなべてアマチュアとプロの境界線があいまいになっている。現在「とらのあな」の店舗は、全国に23店もあるらしい。マニアックな人達は東京まで出向かなくても、同人誌を実際に店舗で見て購入するかどうか決断できる。プロ作家として大型書店の片隅に埋もれるよりも、マニアックな店舗で“オタク”たちに知れ渡る方が、商売として早いといえる。但し一番儲かるのは、それを扱っている「とらのあな」で、急成長しすぎると、まさしく「おとしあな」が待っているような気がしてならない。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.