今日の迷言・余言・禁言

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを知って驚嘆した。同人誌と言えば、アマチュアやセミプロの人達が作成している雑誌で「とらのあな」が扱っているのは、その9割以上が漫画関係だと思われる。しかも、通常の書店には並ばない雑誌群だ。先に行われていた“コミケ”でもそうだったが、今や完全に“商業化”している漫画同人誌は、アマチュアであっても人気ある作品とか雑誌とかだと、プロの作品として書店販売されるものよりもはるかに人気があり、売れ行きが良い。そうでなければ年商230億円に達するはずがない。通常、雑誌というのは、雑誌社があり、そこから依頼された作家が執筆し、それを雑誌社の方で編集・制作・印刷して、流通の日販などを通じて書店へと運ばれ販売される。ところが、同人誌の場合、作家(漫画家)は雑誌社を兼ねている。つまり、自分が書きたいと思ったものを、何の規制もなく描き上げ、自ら編集し、印刷所に依頼・製作する。つまり何でも一人、或いは数人の同人が行う。したがって、最初の製作費は自分持ちだが、売り上げの何割かを「とらのあな」側に与えれば、プロ漫画家の何倍もの比率で収益を手にする。そういう意味では、アマチュアとかセミプロとかいうものの実質的には独立した出版社・雑誌社と何ら変わらない。現在は、そういう人たち向けの印刷会社も存在していて、少部数からの印刷・製本を取り扱っている。今は昔と違い高性能のパソコンやソフトさえあれば、アマチュアもプロも変わらない作品が仕上がる。芸術関連は、押しなべてアマチュアとプロの境界線があいまいになっている。現在「とらのあな」の店舗は、全国に23店もあるらしい。マニアックな人達は東京まで出向かなくても、同人誌を実際に店舗で見て購入するかどうか決断できる。プロ作家として大型書店の片隅に埋もれるよりも、マニアックな店舗で“オタク”たちに知れ渡る方が、商売として早いといえる。但し一番儲かるのは、それを扱っている「とらのあな」で、急成長しすぎると、まさしく「おとしあな」が待っているような気がしてならない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.