今日の迷言・余言・禁言

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを知って驚嘆した。同人誌と言えば、アマチュアやセミプロの人達が作成している雑誌で「とらのあな」が扱っているのは、その9割以上が漫画関係だと思われる。しかも、通常の書店には並ばない雑誌群だ。先に行われていた“コミケ”でもそうだったが、今や完全に“商業化”している漫画同人誌は、アマチュアであっても人気ある作品とか雑誌とかだと、プロの作品として書店販売されるものよりもはるかに人気があり、売れ行きが良い。そうでなければ年商230億円に達するはずがない。通常、雑誌というのは、雑誌社があり、そこから依頼された作家が執筆し、それを雑誌社の方で編集・制作・印刷して、流通の日販などを通じて書店へと運ばれ販売される。ところが、同人誌の場合、作家(漫画家)は雑誌社を兼ねている。つまり、自分が書きたいと思ったものを、何の規制もなく描き上げ、自ら編集し、印刷所に依頼・製作する。つまり何でも一人、或いは数人の同人が行う。したがって、最初の製作費は自分持ちだが、売り上げの何割かを「とらのあな」側に与えれば、プロ漫画家の何倍もの比率で収益を手にする。そういう意味では、アマチュアとかセミプロとかいうものの実質的には独立した出版社・雑誌社と何ら変わらない。現在は、そういう人たち向けの印刷会社も存在していて、少部数からの印刷・製本を取り扱っている。今は昔と違い高性能のパソコンやソフトさえあれば、アマチュアもプロも変わらない作品が仕上がる。芸術関連は、押しなべてアマチュアとプロの境界線があいまいになっている。現在「とらのあな」の店舗は、全国に23店もあるらしい。マニアックな人達は東京まで出向かなくても、同人誌を実際に店舗で見て購入するかどうか決断できる。プロ作家として大型書店の片隅に埋もれるよりも、マニアックな店舗で“オタク”たちに知れ渡る方が、商売として早いといえる。但し一番儲かるのは、それを扱っている「とらのあな」で、急成長しすぎると、まさしく「おとしあな」が待っているような気がしてならない。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.