今日の迷言・余言・禁言

「イジメ不登校児」が全日本チャンピョン!

人は知らず知らずのうちに“誰かの目標”になっていることがある。女優だった故・南田洋子氏もそういう一人だった。彼女の晩年は必ずしも“大女優”に相応しいものではなかったが、病気直前までは誰もが認めるスターとして輝いていた。その南田洋子氏の従兄弟の娘に「山田洋子」がいる。彼女は自分と名前が同じ「洋子」だった“洋子おばちゃん”を小さな時から慕っていた。憧れだったと言って良い。中学生の時、イジメられている子の味方をしたら、今度は自分がイジメられる形となった。それがひどくなって不登校となり、自殺未遂までした。その後、学校は辞めて施設に入ったが、そこも合わずに脱走したりした。喧嘩っ早く、何度も問題を起こし続けた。孤独の中で、それでも“洋子おばちゃん”に認めてもらいたくて役者になったりもした。たまたま居酒屋で隣り合わせたのが、アームレスリング(腕相撲)の男性チャンピョンだった。何となく親しくなって、自分も“それ”をやりたいと思った。こうして2年足らずのうちに彼女はトップ選手に上り詰めたのだ。それから13年間、ずっと女子アームレスリング全日本大会で優勝し続けている。ここで私は思うのだ。もしも彼女に“洋子おばちゃん”がいなかったならどうだったのだろう。それでも彼女は強くなれただろうか。彼女は同じ名前である「洋子」おばちゃんから、幼い頃、可愛がられた。だから“洋子おばちゃん”に憧れ、“洋子おばちゃん”に認められたくて役者にもなった。アームレスリングでは「山田よう子」を名乗っている。みんなからイジメられ、不登校になり、自殺未遂までした少女は、たった一つ、自分と同じ名前の“洋子おばちゃん”から認められたくて生き続けた。そうして、今では“4児の母”だ。南田洋子氏は“不妊女性”であることを“悩み”続けていた。だから、ことのほか同じ名前の「洋子」を“我が児のように”抱きしめたりしたのだろう。そして、それが“いじめられっ子”となって虚無感を抱いた時、“生きていく支え”となった。人は“何”が“誰”に、どういう“結果”を与えるのか、誰も知らない。それを演出するのは“神様”なのか、単なる“偶然”なのか、誰も知らない。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.