今日の迷言・余言・禁言

「イスラム国」は“リオ五輪”に参加するのか

ロシアの“ドーピング問題”で、68人の陸上選手たちが参加できないことになったらしい。もっとも、それ以外に関しては基準さえ満たせば“出場OK”のようなので、関係者は一安心といったところだろう。毎回のように“ドーピング選手”が出て来る。そこまでしてメダルを取りたいのかとも思うが、国によってメダル獲得者は、その後の“人生が保証される”ところもあるから、或いは“国家の威信”が掛かっているところもあるから、不思議ではないのかもしれない。確かに、日本でもメダルが有る無しではマスコミの扱い方が違うから、それに“報奨金”の獲得もあるから、必死となるのは当然なのかもしれない。ただ本来のオリンピックは、“参加することに意義がある”アマチュアの競技大会だったはずだ。もはや、そういう“面影”はなくなってしまった。今やオリンピックは“巨大マネーが動く舞台”と化していて、“平和の祭典”などという言葉からも程遠い。都知事選から「東京五輪」の言葉が消えたのは、都民の関心がもはや“そこ”にはないことの表れだった。実際、現在のような情勢になってくると「リオ五輪」に「イスラム国」は“参加するのか”という心配の方が先に立つ。不謹慎な“冗談”として語れば、館内のどよめきの中で「イスラム国」が入場し、観客めがけて“銃を乱射する”という恐怖のシナリオを、笑い飛ばせないのが怖い。せめて「東京五輪」のころまでには“平和の祭典”に戻せるよう、額をこすりつけて祈らなければ…。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.