今日の迷言・余言・禁言

「イスラム国」は“リオ五輪”に参加するのか

ロシアの“ドーピング問題”で、68人の陸上選手たちが参加できないことになったらしい。もっとも、それ以外に関しては基準さえ満たせば“出場OK”のようなので、関係者は一安心といったところだろう。毎回のように“ドーピング選手”が出て来る。そこまでしてメダルを取りたいのかとも思うが、国によってメダル獲得者は、その後の“人生が保証される”ところもあるから、或いは“国家の威信”が掛かっているところもあるから、不思議ではないのかもしれない。確かに、日本でもメダルが有る無しではマスコミの扱い方が違うから、それに“報奨金”の獲得もあるから、必死となるのは当然なのかもしれない。ただ本来のオリンピックは、“参加することに意義がある”アマチュアの競技大会だったはずだ。もはや、そういう“面影”はなくなってしまった。今やオリンピックは“巨大マネーが動く舞台”と化していて、“平和の祭典”などという言葉からも程遠い。都知事選から「東京五輪」の言葉が消えたのは、都民の関心がもはや“そこ”にはないことの表れだった。実際、現在のような情勢になってくると「リオ五輪」に「イスラム国」は“参加するのか”という心配の方が先に立つ。不謹慎な“冗談”として語れば、館内のどよめきの中で「イスラム国」が入場し、観客めがけて“銃を乱射する”という恐怖のシナリオを、笑い飛ばせないのが怖い。せめて「東京五輪」のころまでには“平和の祭典”に戻せるよう、額をこすりつけて祈らなければ…。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.