今日の迷言・余言・禁言

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊となった。但し、最高指導者バグダディ容疑者の存在が突き止められていないので、完全崩壊とまでは言いかねる。ISがイラクのモスクを占拠して「イスラム国家」を一方的に宣言したのは2014年6月のことだった。あれから3年余り、シリアとイラクの両国をまたぐ形でアメーバー的に拡大した「イスラム国」だったが、世界を敵に回してアメリカやロシアまで加勢したから、とても勝ち目はなく、陥落は時間の問題と見られていた。ただ一時的ではあるにせよ、ISがインターネット動画を使って世界に見せつけた「処刑場面」は余りに過激で“恐怖を植え付ける”に十分だった。日本人も何人か犠牲になった。日本人は「宗教」というと、どうしても“敬虔な祈り”のようなものを思い浮かべやすい。けれども、イスラム原理主義に基づく宗教は、感覚的には「宗教(団体)」ではなく「思想(団体)」なのだ。だから過激なのである。彼らの神様は「敵」を許さない。寛容さなどこれっぽっちもない。彼らの神様は「敵の神様」を許さない。同時に、それを信じる「人間」も許さない。何しろ、一日に5回も礼拝させる神なのだ。まるで人間を“奴隷”のようにこき使う。それでも信者たちは、神に従う。う~ん、困ったもんだ。「敵を殺す」と“天国に行って可愛がってもらえる”と本気で信じているのだ。どこの「組長」なんだ。ところで「イスラム国」が崩壊すれば、ラッカに平和が戻るのだろうか。残念ならが、ことはそれほど簡単ではない。それに、ISのメンバーが世界各地に飛んでいる。「国」は滅んでも、その思想はリビア、エジプト、アフガニスタン、フィリピンと広がっている。訓練されている純粋な子供たち(?)が沢山いたではないか。いつ、再び、アメーバーのように新たな「国家」が樹立されるか誰にもわからない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.