今日の迷言・余言・禁言

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊となった。但し、最高指導者バグダディ容疑者の存在が突き止められていないので、完全崩壊とまでは言いかねる。ISがイラクのモスクを占拠して「イスラム国家」を一方的に宣言したのは2014年6月のことだった。あれから3年余り、シリアとイラクの両国をまたぐ形でアメーバー的に拡大した「イスラム国」だったが、世界を敵に回してアメリカやロシアまで加勢したから、とても勝ち目はなく、陥落は時間の問題と見られていた。ただ一時的ではあるにせよ、ISがインターネット動画を使って世界に見せつけた「処刑場面」は余りに過激で“恐怖を植え付ける”に十分だった。日本人も何人か犠牲になった。日本人は「宗教」というと、どうしても“敬虔な祈り”のようなものを思い浮かべやすい。けれども、イスラム原理主義に基づく宗教は、感覚的には「宗教(団体)」ではなく「思想(団体)」なのだ。だから過激なのである。彼らの神様は「敵」を許さない。寛容さなどこれっぽっちもない。彼らの神様は「敵の神様」を許さない。同時に、それを信じる「人間」も許さない。何しろ、一日に5回も礼拝させる神なのだ。まるで人間を“奴隷”のようにこき使う。それでも信者たちは、神に従う。う~ん、困ったもんだ。「敵を殺す」と“天国に行って可愛がってもらえる”と本気で信じているのだ。どこの「組長」なんだ。ところで「イスラム国」が崩壊すれば、ラッカに平和が戻るのだろうか。残念ならが、ことはそれほど簡単ではない。それに、ISのメンバーが世界各地に飛んでいる。「国」は滅んでも、その思想はリビア、エジプト、アフガニスタン、フィリピンと広がっている。訓練されている純粋な子供たち(?)が沢山いたではないか。いつ、再び、アメーバーのように新たな「国家」が樹立されるか誰にもわからない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.