今日の迷言・余言・禁言

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだって、わたしたちを救ってくれるではないか、と考える。少なくともタイの若い女子大生はそう考えたのだ。そう考えながら、仏像を見て、次にウルトラマンを見た。その二つの身体は、彼女の中で静かに“一体化”したのだ。「これだ‼」彼女は一心不乱にブッダとウルトラマンの“合体坐像”や“闘いポーズ”を図案化していった。すると彼女の作品は“優れた作品”として地元のショッピングモールで展示されることになった。当然、若い人たちから注目を集めてマスコミが取材する。こうして人目に触れることが多くなった“合体画像”は、宗教団体の“お偉いさん”や政治家の“お偉いさん”の眼にも触れることとなった。敬虔な仏教徒にとって、ブッダとウルトラマンとを結び付けるなど“あってはならない”ことであった。激しい排斥運動が巻き起こる。女子学生はタイの高僧のところに出向き、謝罪しなければならない事態となった。けれども、これに疑問を持つ人達もいた。大昔「芸術は爆発だ」と岡本太郎氏は言った。顔だけウルトラマンだって良いじゃないか。或いは顔だけ仏像だって良いじゃないか。若い人の中では、ごく自然にどちらも“地球を救う”存在だったのだ。決して、仏陀をバカにしたものなどではない。実業家ポンシワンクン氏は彼女の作品を4500バーツ(16000円)で購入、それをネットオークションにかけたのだ。そうすると、その作品は人気を呼び、600万バーツ(213万円)の高値が付いた。こうしてポンシワンクン氏は、そのお金から女子学生に今後の製作費を手渡し、残り大部分は恵まれない人達が通う病院の寄付金へと当てたのだ。こうして、間違いなく女子学生の描いた「ウルトラマン・ブッダ」は空を飛び、危機にある人たちを救ったのだ。そういえば確かに、ウルトラマンの“頭部全体”は“仏陀”の頭部と似ていなくもない。それにしても、もし日本で“仏陀”と“ウルトラマン”の“一体化画像”をショッピングモールに展示したなら、どういう反応が生まれるのだろうか。


最近の記事はこちら

10年後、20年後が教える「才能の正体」

「売れない漫画家」から「警察官」へと転身した人物の話が掲載されていた。現在、千葉県警成田署に勤務する山崎直樹氏(38歳)を扱った記事だ。彼は、幼い頃から漫画を描くのが好きで、とりあえず入った専門学校卒…続きを読む

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.