今日の迷言・余言・禁言

「エスパー」がエスパーでなくなった時

「エスパー=超能力者」と聞いて、あなたは誰を思い出すだろう。大昔、ユリ・ゲラーという名の「エスパー」もいたが、それよりも多くの方は「エスパー伊東」氏の方を思い出すのに違いない。ボストンバッグに自らの身体を潜り込ませて顔だけ出す…というエスパーぶり(?)で一時期人気を集めた。その伊東氏だが、2018年末に「芸能界休業」を公表した。思うようにパフォーマンスが出来なくなったからであるという。実はそれ以前から彼の身体には支障が生じていた。右変形性股関節症という病気で、パフォーマンスどころか日常生活も困難になっていたのだった。通常、芸能人のような生活に保障の無い仕事の場合、そういう場合には身内のお世話になるケースが多いのだが、彼の場合は折り合いが悪かったらしく、2018年3月に移った新しい事務所社長が“身内替わり”となった。そうして今年2月に“人工関節を入れる”手術を行い、とりあえず“痛み”だけは何んとか取り除けたようだ。ただ意思通りに身体が動かない軽い脳梗塞も患っていて、その治療も合わせてリハビリ中なのだが、実質的には“車いす生活”に変っていて、今後も本来のパフォーマンス復帰は不可能となった。それでも彼は何らかの形で“仕事復帰したい”と望んでいるようで、頑張ってはいるらしい。ただ「エスパー」がエスパーではなくなったことで、昔の芸人仲間とも連絡を絶っているようで、今は「誰とも会いたくない」と言っているらしい。超能力(?)で石油を掘り当て、大富豪となったユリ・ゲラー氏とは大きく異なる。身体を張った仕事というのは何でも、ちょっとしたところから綻びが出やすい。格闘家の高山善廣氏や曙氏のように闘病生活が続いている人もいるし、水泳の若きエース池江璃花子氏のようなケースもある。身体に負担が掛かり過ぎると、予期せぬ所から危険信号が点滅し始めるのだ。運命の中でも「生命」や「事故・病気」はもっとも見通しが難しい。それはおそらく“眼に見えない何か”が作用していて、そこから先は「占い」の領域ではなく、多分「神仏」の領域なのだ。それが“人生・運命”の変化に重なり合う時、急に病魔や災難として表に出てきたり、なぜか急速に病魔が消失してしまったりするからだ。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.