今日の迷言・余言・禁言

「オモロー」は“オモロイ記者”になれるか

一時期、熱狂的に受けた「世界のナベアツ」に、相方がいたなんて知らなかった。彼は“ピン芸人”ではなく、“コンビの芸人”だったらしい。その相方が「オモロー山下」だというのだ。そう聞いても、フ~ンと答えるしかない。知らなかったからだ。その「オモロー山下」だが、とうとう自分の芸の“限界”を感じたらしい。そうして次に飛び込んだのが、雑誌記者の世界であった。芸能人の取材に命をかける「女性自身」が今度の舞台だ。つまり、取材される側から取材する側に回ろうというのだ。なかなか思い切った決断である。彼には申し訳ないが、これまで“ほとんど顔を知られていない”ことが今後は大いに役立つ。つまり、一部の芸人を除けば、ほとんどの人達が“普通の記者”として接してくれる。これが何よりも強みだ。しかも、芸人たちに関しては、その“裏事情”まで精通している。何しろ25年間も芸人をやって来ているのだ。しかも5年前からは「うどん店」も経営している。ここも、隠れたインタビューとか、取材での打ち合わせ場所としても使える。もしかしたら、今年の「R-1ぐらんぷり」に1回戦で落ちたのは後々“幸運だった”と言えるかもしれない。そうでなければ、このような決断が出来なかったことだろう。人間、何が幸いするかなんて誰にも分らない。そういえば相方の「世界のナベアツ」はどうしているのか。何んと、今は転身し「落語家・桂三度」として頑張っているらしい。そうして、かつての相方だった「オモロー山下」に対し、取材されるよう頑張りたい、とのメッセージを寄せている。素晴らしいコンビではないか。やがて芸能人とかスポーツ選手とかに「オモロイ記者がいる」と言われる存在になれるか、それとも「1」「2」「③」年目に辞めてしまうか、要注目!


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.