今日の迷言・余言・禁言

「オモロー」は“オモロイ記者”になれるか

一時期、熱狂的に受けた「世界のナベアツ」に、相方がいたなんて知らなかった。彼は“ピン芸人”ではなく、“コンビの芸人”だったらしい。その相方が「オモロー山下」だというのだ。そう聞いても、フ~ンと答えるしかない。知らなかったからだ。その「オモロー山下」だが、とうとう自分の芸の“限界”を感じたらしい。そうして次に飛び込んだのが、雑誌記者の世界であった。芸能人の取材に命をかける「女性自身」が今度の舞台だ。つまり、取材される側から取材する側に回ろうというのだ。なかなか思い切った決断である。彼には申し訳ないが、これまで“ほとんど顔を知られていない”ことが今後は大いに役立つ。つまり、一部の芸人を除けば、ほとんどの人達が“普通の記者”として接してくれる。これが何よりも強みだ。しかも、芸人たちに関しては、その“裏事情”まで精通している。何しろ25年間も芸人をやって来ているのだ。しかも5年前からは「うどん店」も経営している。ここも、隠れたインタビューとか、取材での打ち合わせ場所としても使える。もしかしたら、今年の「R-1ぐらんぷり」に1回戦で落ちたのは後々“幸運だった”と言えるかもしれない。そうでなければ、このような決断が出来なかったことだろう。人間、何が幸いするかなんて誰にも分らない。そういえば相方の「世界のナベアツ」はどうしているのか。何んと、今は転身し「落語家・桂三度」として頑張っているらしい。そうして、かつての相方だった「オモロー山下」に対し、取材されるよう頑張りたい、とのメッセージを寄せている。素晴らしいコンビではないか。やがて芸能人とかスポーツ選手とかに「オモロイ記者がいる」と言われる存在になれるか、それとも「1」「2」「③」年目に辞めてしまうか、要注目!


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.