今日の迷言・余言・禁言

「オリンピック」は消滅する

スイスで11日にIOC(国際オリンピック委員会)の臨時総会が開かれ、2024年と2028年のオリンピック開催地を同時に決めてしまう案が有力となった。おそらく2024年が「パリ」、2028年が「ロサンゼルス」で決着するのだろう。何しろ、それ以外の候補地が住民投票などで無くなってしまったからだ。近年のオリンピックは、いろいろな意味で“妖し”すぎる。もはや「参加することに意義がある」という時代でも大会でもなくなってしまった。ハッキリ言ってしまうと「商品」「権力」「商売」「観光」の“場”と化していて、“健全なスポーツの祭典”ではなくなってしまっている。大体プロもアマチュアも同時に参加して競い合うこと自体がおかしいし、あらゆる面で“平等性”が保たれているとはいいがたい。昔と違って「国籍」というもの自体も、あいまいになっている。あまりにも競技種目数が増え、それに伴ってメダル数が激増している。金メダルだけで“308個”も存在するのだ。つまり、それだけの競技種目数が存在するということになる。多分、われわれはそのうちの半分の競技も観ていない。それが現代のオリンピックだ。当然、開催地や国民からの支持も失っているので立候補する都市も少なくなっている。ホテルの問題や警備の問題もあり、事実上、お金持ちの都市でなければ開催できなくなったからだ。あらゆる部門で“世界大会”が開催されている現実を見ても、わざわざ「オリンピック」という舞台を設ける必要性があるのか疑問もある。商業主義の道を歩み出した時点で、近代オリンピックは“破滅への道”を歩み始めたのかもしれない。もしも、オリンピックの時だけはイスラム教の人達も“ハダカ”になって競技する…というなら、その価値もありそうだが、そういう雰囲気でもない。国際紛争時も、オリンピックだけは“休戦協定”を作って「平和の祭典」とするなら良いのだが、そういう雰囲気でもない。何の役割も果たせないのなら、それこそ「休止」して、新たなる時代まで“封印”してしまう方が良い。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.