今日の迷言・余言・禁言

「オリンピック」は消滅する

スイスで11日にIOC(国際オリンピック委員会)の臨時総会が開かれ、2024年と2028年のオリンピック開催地を同時に決めてしまう案が有力となった。おそらく2024年が「パリ」、2028年が「ロサンゼルス」で決着するのだろう。何しろ、それ以外の候補地が住民投票などで無くなってしまったからだ。近年のオリンピックは、いろいろな意味で“妖し”すぎる。もはや「参加することに意義がある」という時代でも大会でもなくなってしまった。ハッキリ言ってしまうと「商品」「権力」「商売」「観光」の“場”と化していて、“健全なスポーツの祭典”ではなくなってしまっている。大体プロもアマチュアも同時に参加して競い合うこと自体がおかしいし、あらゆる面で“平等性”が保たれているとはいいがたい。昔と違って「国籍」というもの自体も、あいまいになっている。あまりにも競技種目数が増え、それに伴ってメダル数が激増している。金メダルだけで“308個”も存在するのだ。つまり、それだけの競技種目数が存在するということになる。多分、われわれはそのうちの半分の競技も観ていない。それが現代のオリンピックだ。当然、開催地や国民からの支持も失っているので立候補する都市も少なくなっている。ホテルの問題や警備の問題もあり、事実上、お金持ちの都市でなければ開催できなくなったからだ。あらゆる部門で“世界大会”が開催されている現実を見ても、わざわざ「オリンピック」という舞台を設ける必要性があるのか疑問もある。商業主義の道を歩み出した時点で、近代オリンピックは“破滅への道”を歩み始めたのかもしれない。もしも、オリンピックの時だけはイスラム教の人達も“ハダカ”になって競技する…というなら、その価値もありそうだが、そういう雰囲気でもない。国際紛争時も、オリンピックだけは“休戦協定”を作って「平和の祭典」とするなら良いのだが、そういう雰囲気でもない。何の役割も果たせないのなら、それこそ「休止」して、新たなる時代まで“封印”してしまう方が良い。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.