今日の迷言・余言・禁言

「カジノ法案」が“依存症”の人達を救う?

世の中、何が“最終的な救い”になるのか、わからないこともある。国会で大揉めの末“カジノ法案”が通過した。それによって“依存症対策”がクローズアップされ、昨日初めて“ギャンブル依存症対策推進本部”なるものの第一回の会合が開かれたそうだ。そして、当然のことながら本格的な実態調査に乗り出すことが合意されたらしい。あれ? なんか、おかしい。確か、皆さん「依存症になる人が出て来るから反対!」とか言っていたような気がするけど、まだ“その実態”もつかめていなかった? そうすると、もし、この法案が通っていなかったら、“実態調査”も“対策”も何一つなされず、放っておかれたってこと…なのか。あれだけ、声高に反対していた人たちは、実は“その実態”など全く知らず、その“対策”にも興味などなく、実際には“依存症になりそうな人たち”のために反対していたわけではない…という解らないことになってしまう。つまり、本当は今現在の“パチンコ依存症”や“競馬依存症”等の人達に対しては、何ら興味のない“冷たい人たち”だったということになる。“カジノ法案”が通っていなければ、彼らは“放っておかれた”に違いないのだ。今現在“依存症の人達”は、そういう点からいえば、この法案を通してくれた与党の人達に感謝しなければいけない。国を挙げて“対策”を講じてくれるからである。実際、どの依存症でも、依存症の人達は“規制をかけてくれた”方がそれを止められる。自主規制が利かないから“依存症”という病なのだ。ただ問題は、どこからが“依存症”で、どこからが“ギリギリセーフ”か見極めが難しいことである。何しろ、ギャンブルは“負ける”だけでなく“勝つ”こともある。もしも、3回に1回くらいの割で勝っていれば、仮に毎日のように通ったとしても、それで生活に窮することはない。その人にとっては“ギャンブルなしの人生は考えられない”という状態でも、勝率が高ければ生活が崩壊してしまうことはない。その場合、“依存症”ではあるが“生活は成り立つ”という奇妙なことが起こり、趣味や職業として何ら支障なく人生が送れることになる。つまり、最初から「救い」など、必要としていない“依存症”の人達もいるのだ。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.