今日の迷言・余言・禁言

「カジノ王国・日本」になれば叶うこと

今から30年後、日本はいつの間にか「カジノ王国」になっていた。どうしてそうなったのかというと、2016年頃の「マカオ」を見習ったからだった。その当時、マカオは9年連続で国民に対して“カジノによる増収を還元”していた。一人当たり11.5万円も配っていたのだ。65歳以上には“養老金”や“敬老金”も配った。“医療クーポン”も配った。その代わり、豪華なカジノホテルを外資により次々と建設していた。この方式を、日本は見習ったのだ。ただ日本はマカオよりも優れている点があった。“面白いゲーム”や“漫画とのコラボ”や“商品との変換”など、それまでパチンコ業界で培ってきた“遊戯としての企画力”や“操作システム”をマカオなどとは全く違ったものに改良していた。つまり、お金をかけずとも楽しめるカジノ、服装など気にせずとも入れるカジノ、各国語に変換できるシステム、子供たちも楽しめるゲーム機併設、日本のパチンコ台機併設、古代に行われていたギャンブル復活、コスプレ嬢達のドリンクサービス…とにかく“新しいカジノ”“健全なカジノ”“新時代のカジノ”を目指したのだ。これが訪日客に大うけとなって、瞬く間に日本は“世界一のカジノ王国”へと変貌したのだった。こうして30年後、日本では全国に100以上のカジノホテルが稼働するようになり、それを目当てに世界各国から観光客が集まり、国民一人当たり年間100万円のボーナスを還元できるまでになったのだ。かつて“少子化”と“デフレ”で苦しんでいた日本は、カジノによって生まれ変わった。国民の誰もが大らかとなり、豊かさを享受してのんびり暮らしている。本当の“精神的な豊かさ”とは、こういうところから産まれて来るのだと、ようやく気づいたようであった。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.