今日の迷言・余言・禁言

「カジノ王国・日本」になれば叶うこと

今から30年後、日本はいつの間にか「カジノ王国」になっていた。どうしてそうなったのかというと、2016年頃の「マカオ」を見習ったからだった。その当時、マカオは9年連続で国民に対して“カジノによる増収を還元”していた。一人当たり11.5万円も配っていたのだ。65歳以上には“養老金”や“敬老金”も配った。“医療クーポン”も配った。その代わり、豪華なカジノホテルを外資により次々と建設していた。この方式を、日本は見習ったのだ。ただ日本はマカオよりも優れている点があった。“面白いゲーム”や“漫画とのコラボ”や“商品との変換”など、それまでパチンコ業界で培ってきた“遊戯としての企画力”や“操作システム”をマカオなどとは全く違ったものに改良していた。つまり、お金をかけずとも楽しめるカジノ、服装など気にせずとも入れるカジノ、各国語に変換できるシステム、子供たちも楽しめるゲーム機併設、日本のパチンコ台機併設、古代に行われていたギャンブル復活、コスプレ嬢達のドリンクサービス…とにかく“新しいカジノ”“健全なカジノ”“新時代のカジノ”を目指したのだ。これが訪日客に大うけとなって、瞬く間に日本は“世界一のカジノ王国”へと変貌したのだった。こうして30年後、日本では全国に100以上のカジノホテルが稼働するようになり、それを目当てに世界各国から観光客が集まり、国民一人当たり年間100万円のボーナスを還元できるまでになったのだ。かつて“少子化”と“デフレ”で苦しんでいた日本は、カジノによって生まれ変わった。国民の誰もが大らかとなり、豊かさを享受してのんびり暮らしている。本当の“精神的な豊かさ”とは、こういうところから産まれて来るのだと、ようやく気づいたようであった。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.