今日の迷言・余言・禁言

「ギャンブル依存」と「仕事依存」の“妖しい関係”

タレントの青木さやか氏が『婦人公論』で自らの「パチンコ依存症」だった日々を正直に告白している。現在は“子供の存在”が歯止めになっていると明かし、まだ完全にそこから「抜け出したわけではない」とも告白している。パチンコだけがギャンブルではないが、パチンコはその“仕組み”自体に依存させやすい要素があり、そういう点から言えば、多くの人が「依存症」と言えば「パチンコ」や「アルコール」を想い出す。もちろん、その他にも「ゲーム」「買い物」「薬物」など“依存症”から連想するものは多い。実は日本人にもっとも多いのは「仕事依存症」ではないか、と私はひそかに思っている。性格的に真面目で責任感の強い人が多い日本人の場合「仕事依存症」で働き続ける分には、誰にも咎められない。だから仕事を取り上げられると、急に全身のエネルギーが吸い取られたように凹んでしまう人は多い。それだって、ほんとうは立派な“依存症”なのだ。けれども、仕事だけは、依存症であっても誰にも文句は言われない。だから日本人には、時間外で報酬がなくても働き続ける人が多い。ところで、パチンコというギャンブルは「時間の空白」がある時に出掛けることが多い。もちろん本格的な依存症の方は「空白」などなくても、自然と足がそちらに向かっていくものなのだが、最初は「空白時」に行っていた人がほとんどだろう。その「空白」というのは“仕事の空白”である場合が多い。或る程度の時間をつぶさなければならないようなとき、短時間で結果が残せるパチンコという遊技はうってつけなのだ。つまり、本来なら仕事に向ける情熱やエネルギーをパチンコに向けている場合が多い。仕事上で“能力を存分に発揮出来ている”とか、“現在の報酬に満足している”とか、“それなりの肩書を得ている”とか、“対人関係が良好である”とか言う場合、パチンコにはのめり込まない。何か、不満とか、不平とか、ストレスとかを抱えている場合、それらから解放してくれるパチンコは“至福の時”になる。つまり、元々は「仕事依存」的な要素を持っている人物が、その仕事や職場で十分に自分の力を発揮出来ていないとか、評価されていないとか、嫌でも我慢し続けているとか、何かしら問題を抱えている時に、パチンコは“救世主”となるのだ。そして、それはいつの間にか“悪魔”にかわる。抜け出すことが出来ない“依存症”となっているのだ。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.