今日の迷言・余言・禁言

「クリスマス」の形が変わっていく

私が若い頃、クリスマス・イヴというのは“特別な日”だった。少なくとも当時の日本では“愛を育む日”として定着し、街は“男女のカップル”であふれていた。ほとんどの若者は、即席も含めて“男女カップル”を成立させていて、それが出来ない若者は“白い眼”で見られた。だから、若者たちはクリスマスまでには何とか“相手を得たい”と願ったものである。ところが、今や事情は全く異なる。クリスマス・イヴだからと言って“カップルでなければ…”などという意識は消え、平然とした“おひとりさま型クリスマス”が増えているらしい。アンケート調査によると、実に20~30代の若者たちのうち半分以上に当たる52%が「一人ぼっちのクリスマス」なのだそうだ。“男女カップル”で過ごすクリスマスは25%にしか過ぎない。確かに半数以上が“ひとり”なら、何も焦る必要はないわけだ。それに“白い眼”で見られることもない。実は“クリスマス商戦”も、そういう若者たちをターゲットにすべく様変わりしつつあるのだという。街全体が「一人ぼっちにやさしいクリスマス」へと変化したのだ。クリスマス・プレゼントも“自分へのご褒美”に変わりつつある。それは、それで“寂しい”ような気がするのは、私だけなのであろうか。小さな子供たちへの「サンタクロースからのプレゼント」だけが、あの頃と同じように引き継がれている。私は娘が小さかった時、いつも枕元にプレゼントと“サンタからのメッセージ”を置いた。娘は“サンタクロースの存在”をずっと信じていた。娘が9歳の時、私は最初の妻と離婚したが、娘にはその時初めて“サンタクロースの秘密”を明かした。「だから、もう、今年からはサンタクロースは来ない」娘は何も言わなかった。ただ、ずっと私の眼を見ていた。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.