今日の迷言・余言・禁言

「ザ・アメリカ」という国

アメリカ史上最大の銃乱射事件が起こって59名が犠牲となった。高層ホテルの32階から、すぐ手前の“野外コンサート場”目掛けて乱射し続けたのだから、たまったものではない。ミサイルも怖いが、こういう“訳の分からない凶行”の方がもっと怖い。ただ、これほどの“凶悪な事件”が起こりながら、アメリカでは「銃規制」を叫ぶ声は表立って聞こえてこない。日本人的な感覚で言えば、まずは“銃規制の強化”を誰もが叫び出すはずのことなのに…。そういうアメリカが、北朝鮮に「ミサイルを捨てろ!」といくら言っても、聴く耳を持たれないのは或る意味で仕方がないのだ。それよりも驚くのは、ラスベガスのカジノが事件後すぐに再開されて客が戻ったことだ。確かに、犯人は死んだ。単独犯で、どうやらISとは関係がないらしい。仮にそうであっても、もし、日本なら、その周辺は事件の検証などで立ち入り制限となり、カジノをすぐ再開など、絶対にありえない。第一、その周辺にすぐ客が戻るとも思えない。もちろん、ラスベガスであるから、客は世界各国から来ている。アメリカ人だけとは限らないが、少なくとも日本人の感覚としては、その日にはカジノに戻れない。というか、事件後ホテルに戻ったなら一歩も外には出ないだろう。そういう点で、日本人は慎重すぎるのかもしれないが、或る種の“割り切り”は、特にアメリカ人は強い。よく「アメリカンドリーム」というが、確かにアメリカは或る種“ギャンブル的な生き方”が似合う国であることは確かだ。上手くいけば“巨大な富と名声”を掴み取ることが出来る。そういえば綾部裕二はどうした。まあ、それは良いが、そういう国であるので“向いている人”と“向いていない人”がいることは間違いない。近年、中国人や韓国人のエリートたちがこぞってアメリカに居住し始めている。その一方で、メキシコやキューバなどの貧困層も次々と入国してくる。さまざまな人種のさまざまなうめきが聞こえて来そうな国、それが「ザ・アメリカ」なのだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.