今日の迷言・余言・禁言

「ショーツの自販機」なら成功するかも…

今月、アメリカのオークランド空港で「ユニクロ・ツー・ゴー1号機」が設置された。計画によると、この二か月間の内に、空港やショッピングセンターの6か所に、この自販機は設置されるらしい。もちろん、自販機なので人はいない。タッチパネル操作でヒートテックとダウンジャケットが出てくる仕組みだ。豊富なサイズとカラーバリエーションを備え、決済はもちろんクレジットカード、基本的に返品は認めない。或る意味でユニクロらしいやり方と言える。ただ大方の見方は「失敗する」と見立てている。私も、そう思う。勝ち目はない。大体、アメリカ人というのは、細かなことにうるさい。日本人のように、いったん送られてきたものは、よほどのことがない限り“返品しない民族”とはわけが違う。ああいう人たちに“返品不可”の商法は通用しない。しかも、ブランドとしての「ユニクロ」は決して通りが良くない。つまり一般に知られていない。第一、アメリカ人は“定番”というのをそれほど好まない。ユニクロにとっては、ヒット商品である“ヒートテック”や“ダウンジャケット”は絶対の自信作で、必ず評価されると思っているらしいが、二種類しか選択肢がない、という自販機にアメリカ人は魅力を感じないだろう。色やサイズが豊富でも“デザインが一緒”では、彼らの興味や関心を呼ぶことは出来ない。空港に置く自販機であれば、下着類であれば、それなりの需要はあると思う。どちらかというと男性よりも女性の方が買い求めるかもしれない。例えば何かの事情から、持って行った下着が不足してしまった場合、持ってきたはずの下着が見当たらない場合、下着は変えたいがスーツケースは空けたくない場合…それなりの需要が最初から見込めるのだ。しかも、下着なら、どのメーカーとか、どの色やデザインとか、あまり関係がない。遊び心から、購入してくれる男性や子供達もいるかもしれない。“変わったお土産”や“時間つぶし”としても良いからだ。「さて、何を選ぼうか」という楽しみの無い自販機は、それだけでも“つまらない自販機”と評価されそうだ。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.