今日の迷言・余言・禁言

「ショーツの自販機」なら成功するかも…

今月、アメリカのオークランド空港で「ユニクロ・ツー・ゴー1号機」が設置された。計画によると、この二か月間の内に、空港やショッピングセンターの6か所に、この自販機は設置されるらしい。もちろん、自販機なので人はいない。タッチパネル操作でヒートテックとダウンジャケットが出てくる仕組みだ。豊富なサイズとカラーバリエーションを備え、決済はもちろんクレジットカード、基本的に返品は認めない。或る意味でユニクロらしいやり方と言える。ただ大方の見方は「失敗する」と見立てている。私も、そう思う。勝ち目はない。大体、アメリカ人というのは、細かなことにうるさい。日本人のように、いったん送られてきたものは、よほどのことがない限り“返品しない民族”とはわけが違う。ああいう人たちに“返品不可”の商法は通用しない。しかも、ブランドとしての「ユニクロ」は決して通りが良くない。つまり一般に知られていない。第一、アメリカ人は“定番”というのをそれほど好まない。ユニクロにとっては、ヒット商品である“ヒートテック”や“ダウンジャケット”は絶対の自信作で、必ず評価されると思っているらしいが、二種類しか選択肢がない、という自販機にアメリカ人は魅力を感じないだろう。色やサイズが豊富でも“デザインが一緒”では、彼らの興味や関心を呼ぶことは出来ない。空港に置く自販機であれば、下着類であれば、それなりの需要はあると思う。どちらかというと男性よりも女性の方が買い求めるかもしれない。例えば何かの事情から、持って行った下着が不足してしまった場合、持ってきたはずの下着が見当たらない場合、下着は変えたいがスーツケースは空けたくない場合…それなりの需要が最初から見込めるのだ。しかも、下着なら、どのメーカーとか、どの色やデザインとか、あまり関係がない。遊び心から、購入してくれる男性や子供達もいるかもしれない。“変わったお土産”や“時間つぶし”としても良いからだ。「さて、何を選ぼうか」という楽しみの無い自販機は、それだけでも“つまらない自販機”と評価されそうだ。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.