今日の迷言・余言・禁言

「ショーツの自販機」なら成功するかも…

今月、アメリカのオークランド空港で「ユニクロ・ツー・ゴー1号機」が設置された。計画によると、この二か月間の内に、空港やショッピングセンターの6か所に、この自販機は設置されるらしい。もちろん、自販機なので人はいない。タッチパネル操作でヒートテックとダウンジャケットが出てくる仕組みだ。豊富なサイズとカラーバリエーションを備え、決済はもちろんクレジットカード、基本的に返品は認めない。或る意味でユニクロらしいやり方と言える。ただ大方の見方は「失敗する」と見立てている。私も、そう思う。勝ち目はない。大体、アメリカ人というのは、細かなことにうるさい。日本人のように、いったん送られてきたものは、よほどのことがない限り“返品しない民族”とはわけが違う。ああいう人たちに“返品不可”の商法は通用しない。しかも、ブランドとしての「ユニクロ」は決して通りが良くない。つまり一般に知られていない。第一、アメリカ人は“定番”というのをそれほど好まない。ユニクロにとっては、ヒット商品である“ヒートテック”や“ダウンジャケット”は絶対の自信作で、必ず評価されると思っているらしいが、二種類しか選択肢がない、という自販機にアメリカ人は魅力を感じないだろう。色やサイズが豊富でも“デザインが一緒”では、彼らの興味や関心を呼ぶことは出来ない。空港に置く自販機であれば、下着類であれば、それなりの需要はあると思う。どちらかというと男性よりも女性の方が買い求めるかもしれない。例えば何かの事情から、持って行った下着が不足してしまった場合、持ってきたはずの下着が見当たらない場合、下着は変えたいがスーツケースは空けたくない場合…それなりの需要が最初から見込めるのだ。しかも、下着なら、どのメーカーとか、どの色やデザインとか、あまり関係がない。遊び心から、購入してくれる男性や子供達もいるかもしれない。“変わったお土産”や“時間つぶし”としても良いからだ。「さて、何を選ぼうか」という楽しみの無い自販機は、それだけでも“つまらない自販機”と評価されそうだ。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.