今日の迷言・余言・禁言

「シンデレラ城」と「二つの生き方」

ひとには、それぞれ「生き方」というものがある。その「生き方」の中でも“過去”に対しての“向き合い方”は完全に二つの分かれるよう私には感じられる。つまり「過去」を大切に“傍に置いて生きる”か、それとも「過去」を完全に捨て去って“切り離し”生きて行くか、の二つだ。或るバライティ番組の中でタレントのスザンヌ氏が自宅にあるスワロフスキー製のシンデレラ城を公開した。それは初婚の相手である斉藤和巳氏からプロポーズの時にプレゼントされた「城」らしい。重さが200㌔もあり500万円もした「城」であるという。それを彼女は離婚後4回も引っ越しをしたのに大切に持ち続けていた。そして「一生、大切にしていく」と誓っていた。これをどう見るかは、完全に二つに分かれると私は思う。つまり、どうして「過去」を捨ててしまわないのか、という感じ方と、ずっと死ぬまで大切にしていってほしい、という感じ方だ。考えようによってはプロポーズに「シンデレラ城」というのはなかなかにロマンチックである。その時、指輪を渡したかどうかは知らないが、どんな高価な指輪よりも、インパクトがある。ただ、もう一つの観方も出来る。シンデレラには“魔法”が登場する。12時を過ぎてしまうと“魔法”が解けてしまうのだ。そういう点では「シンデレラ城」でプロポーズした時点で、愛が変わっていく可能性が暗示されていた…ともいえる。スザンヌ氏の結婚生活は3年半ほどしか続かなかった。それでも、彼女は前夫との“想い出の品”を大切にし続けていた。そして、今後も「大切にする」と断言している。それは、過去の自分を“大切にしたい”気持ちの表れである。もっとも、200キロの想い出は「新たな相手」が出現した時、やっかいである。俗に「過去を引き摺る」という言葉があるが、正にその言葉通りの“生き方”となってしまう可能性もある。ところが、女性というのは男性と違って、案外、後になってみると正反対の行動に出ている場合がしばしばある。嘘をついていたわけではない。その時は本当にその気持ちでいたのだ。けれども、新たな相手が出現することで、それまで輝いていたものが色あせていくケースは少なくない。そこに男性との“根本的な違い”がある。もちろん、最初から「過去」はどんどん“切り捨てていく”タイプの女性もいる。そういう女性にとっては“別れた相手”の品物はことごとく棄てて、何ら後悔しないのが常で、時々、我が児を捨てて家出する女性がいるが、それは“相手につながるもの”として無意識に切り離そうとするからだ。運命学的には、どちらが正しいともいえない。もしかしたら、女性は“へその緒”を切って出産するように、新たな相手の出現で“無意識に過去を断ち切る”という生き方が、もっとも自然なのかもしれない。


最近の記事はこちら

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.