今日の迷言・余言・禁言

「ジョーク」か「真実」か⁈

仮想通貨の取引所「コインチェック」から580億円分もの「NEM(ネム)」流出事件が起こって2カ月弱が経った3月22日午後6時45分、盗み出されたネム通貨のほぼすべてが別のコインや現金へと交換された。そこに関わったのは1万3千を超える口座であり、知らずかかわった取引所や口座もあれば、知っていて交換に応じた取引所や口座もある。犯人と思しき人物は、通常では入れないダークサイトを経由していて、ネット技術関係の専門家か、闇関連の関係者か、どちらかが関わっていることは確実と思われる。今月18日にNEM財団が“追及打ち切り”を宣言していた。簡単に言えば、お手上げ宣言である。それによって、変換されず残されていた通貨が一斉に動き出し、資金洗浄を終えた。犯人が開設したと思しき“闇の取引所”では画面が変わり、北朝鮮の金正恩氏が札束に埋もれて高笑いする画像となっている。もちろん、これは“ブラックユーモア”的画像で真実とは思えないものの時期が時期だけに、100%のジョークと受け取ってよいのか、それともどこかでつながっているのか、真相は“闇の中”である。G20でも“仮想通貨”に関する議論は交わされたらしいが、国によって捉え方が微妙に異なるだけに、実質的には“今後に持ち越し”のような結果になった。それにしても「ネム流出事件」とは何だったのか、改めて考えさせられる。多くの人は新興企業が招いた“セキュリティのミス事件”として捉えたかもしれない。けれども、考えようによっては深夜を狙った「銀行強盗」だったのだ。580億円もの貨幣が一挙に盗み出された。現代の銀行では、実際にはほぼあり得ない。現実の貨幣を盗もうとした場合、580億円は大量過ぎて運び出すのが大変だからだ。大体、通常の銀行だと金庫にそれほどの金額を保管していないのではないだろうか。こういう事件が起こると、銀行強盗を扱った過去の映画が妙に懐かしく、しかもすがすがしく思えるのはなぜだろう。


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.