今日の迷言・余言・禁言

「ジョーク」か「真実」か⁈

仮想通貨の取引所「コインチェック」から580億円分もの「NEM(ネム)」流出事件が起こって2カ月弱が経った3月22日午後6時45分、盗み出されたネム通貨のほぼすべてが別のコインや現金へと交換された。そこに関わったのは1万3千を超える口座であり、知らずかかわった取引所や口座もあれば、知っていて交換に応じた取引所や口座もある。犯人と思しき人物は、通常では入れないダークサイトを経由していて、ネット技術関係の専門家か、闇関連の関係者か、どちらかが関わっていることは確実と思われる。今月18日にNEM財団が“追及打ち切り”を宣言していた。簡単に言えば、お手上げ宣言である。それによって、変換されず残されていた通貨が一斉に動き出し、資金洗浄を終えた。犯人が開設したと思しき“闇の取引所”では画面が変わり、北朝鮮の金正恩氏が札束に埋もれて高笑いする画像となっている。もちろん、これは“ブラックユーモア”的画像で真実とは思えないものの時期が時期だけに、100%のジョークと受け取ってよいのか、それともどこかでつながっているのか、真相は“闇の中”である。G20でも“仮想通貨”に関する議論は交わされたらしいが、国によって捉え方が微妙に異なるだけに、実質的には“今後に持ち越し”のような結果になった。それにしても「ネム流出事件」とは何だったのか、改めて考えさせられる。多くの人は新興企業が招いた“セキュリティのミス事件”として捉えたかもしれない。けれども、考えようによっては深夜を狙った「銀行強盗」だったのだ。580億円もの貨幣が一挙に盗み出された。現代の銀行では、実際にはほぼあり得ない。現実の貨幣を盗もうとした場合、580億円は大量過ぎて運び出すのが大変だからだ。大体、通常の銀行だと金庫にそれほどの金額を保管していないのではないだろうか。こういう事件が起こると、銀行強盗を扱った過去の映画が妙に懐かしく、しかもすがすがしく思えるのはなぜだろう。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.