今日の迷言・余言・禁言

「スルガ銀行」が“毒リンゴ”を勧めた⁉

「かぼちゃの馬車」を知っているだろうか。シンデレラの物語に出て来る。けれども、シンデレラの話ではない。“危うい投資事業”の話だ。話はかなり複雑である。ここに出て来る多くの投資家は“小金持ち”で“大金持ち”ではない。“小金持ち”なので、本来であれば“お金”に困るような人たちではない。けれども、彼らは、もう少しだけ上の“金持ち”を目指した。或いは老後の“余裕資金”を目指した。だから“危うい投資事業”に自らの財産をつぎ込んだのだ。その数、約700名に及ぶ。そういう人たちがオーナーとなっているのが「かぼちゃの馬車」という名の若い女性向け“シェアハウス住宅”だ。謹慎明けのベッキー氏が「シンデレラは夢をかなえるため馬車に乗った」とテレビCMでアピールしていた。葯900棟存在していると言われる「かぼちゃの馬車」だが、その運営・管理を手掛けているのはSD社である。つまり投資事業に興味のある“小金持ち”のオーナーたちを募って、各棟のための金融ローンを組ませて、どんどん事業を拡大していくのがSD社の方針だった。実際、この方式は見事に当たって、事業はどんどん拡張した。現在でも100棟ほどが未完成だが建設中とか更地状態にある。「かぼちゃの馬車」名義のシェアハウスは急拡大したのだ。多くの“小金持ち”たちは、そこに目がくらんだ。こんなに急拡大しているのだから、多くの人達が参加し、サラリーマンでも投資しているのだから、そしてSD社が家賃を保証してくれているのだから、大丈夫なのに違いない。そして何よりも「スルガ銀行」で“融資の審査”が通っている。年収が700万でも1億円の物件が手に入る。そして、毎月、何もしなくても家賃60万円がSD社から振り込まれ、そのうちの45万円をスルガ銀行に還していけば良い…“小金持ち”のサラリーマンにとって、理想の老後生活が夢見れるのだった。まさに「かぼちゃの馬車」のシンデレラのような心境だったに違いない。ところが、事実は、さまざまな部分で違っていた。SD社が家賃を保証できたのは、事業が順調だった場合の話だ。現在は“破綻寸前”である。もう家賃の保証はないのだ。実際には、シェアハウスはそんなに需要のある賃貸ではなく、4割ほどしか埋まらない。他の事業でも成功しているかのごとき説明は嘘だった。そうなると、スルガ銀行への毎月の返済だけが重くのしかかってくる。年収700万のサラリーマンに月々45万の支払いなど、土台が無理なのだ。つまり、ローン審査が通ったこと自体が“怪しい”のだ。もしかすると“毒リンゴ”を勧めた一番の張本人は「スルガ銀行」かもしれないのだ。


最近の記事はこちら

仮想通貨は持っても、現金決済する日本人

不思議な国「日本」。何しろ“形の無い”通貨=「仮想通貨」を沢山の人達が持っているのだ。何んと世界一。その一方で、実際に支払いに使用しているのは圧倒的に“現金”。それを証明するデータが公表された。日本、…続きを読む

誰も悪くないのに…

世の中には、誰も悪くないのに“不幸”が忍び寄って来ることがある。女優の藤真利子さんは、10年間の自宅介護生活を経て2016年11月に母親・藤原静枝さんを亡くした。4歳の時に人気作家だった父親・藤原審爾…続きを読む

東京五輪の「江頭2:50」が危ない!

そう言えば、この人、どこにでも出かけていく。平昌五輪に出掛けて行って「北朝鮮の美女応援団」の手前で“独特のポーズ”をとっていたとしても驚くに当たらない。ネットユーザーが見つけて拡散したらしいが、そのざ…続きを読む

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.