今日の迷言・余言・禁言

「トイレ戦争」には、どっちにも言い分がある

物事に対して何でも「白・黒」ハッキリさせなければ気の済まない人がいる。けれども「どっちも正しい」ということも世の中にはある。「トイレ戦争」は正にその典型のような気がする。ここでいう「トイレ戦争」という名称は、私が勝手につけただけで実際には戦争でもなんでもない。ただ単にトイレを譲るのが正しいのか、譲るべきではないのか、という問題だ。ことの発端は11月30日に登校された“ツイッター”らしい。つまり、公共のトイレに並んで待っていたところ、そこにやって来た母親が困った様子で、泣きそうな女児の手を引き、明らかに我慢できそうもないような雰囲気が見て取れた。そこで先頭に並んでいた投稿者が自分よりも女児の方を先に譲った。そうしたら、後ろ三番目くらいの女性から「後ろの人のことも考えてよ!」と怒られた。そこで、自分は後ろに回ったが、そのあと二人も同様に後ろに回ったというのだ。それを投稿したところ、その行為を「こういう大人でありたい」と賛同・賛美する人達と、「大人だって漏れそうなことがある」「勝手に割り込ませるのは良くない」という人達とで真っ二つに分かれ、論争が巻き起こってしまったというのだ。う~ん、この問題、なかなか奥が深いな。そう言えば私は、若い頃、何時間でも我慢できたな。それが最近は齢のせいか中々我慢というものが出来ない。だから、多分、女児とお年寄りとは“漏れやすい年齢”で、そういう人達には“特別割り込み枠”を与えてやるのが一番いいのかもしれない。そう言えば大昔、深夜放送で或る女子アナが「私はたちしょんをしたい!」と叫んでいた。どうしてそんなことをしたがるのか、理解に苦しんだが、あれはみんなが並び過ぎていて、到底間に合いそうもない時、覚悟を決めてみんなの目の前で「たちしょん」という意味だったのかもしれない。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.