今日の迷言・余言・禁言

「トランプ」占いの雑誌・週刊誌が一挙に増えた!

「トランプ」占い…といっても、占いのことではない。ドナルド・トランプ氏出現の今後を“占う記事”のことである。通常は政治的なことなど載せない雑誌や週刊誌でも、トランプ氏関連の“占い記事”は載せられていたりする。地方に出向く時、私は雑誌や週刊誌を乗り物の中で読むため購入することが多い。今回は行き帰りで5誌ほど購入したが、そのすべてに“トランプ関連”の記事があった。しかも、彼はまだ大統領に就任していないので、根本的には“予測に基づく記事=占い記事”として掲載されていることになる。もっとも、そこに登場するのは評論家とか、経済アナリストとか、雑誌記者とかで“占い師”が登場するわけではない。私が面白いと思うのは“占い師が登場しない占い記事”がここに来て一挙に溢れ出した、という点にある。そう、私たちは通常「占い」という言葉を、それこそ“占い”だけに使いがちなのだが、実際には未来を予測する“想定話”とか、“予測記事”とかは、すべて「占う」という言い方を日本語はしている。だから、本当は“占い師”など山ほどいるわけで、俗にいう“解説者”とか“評論家”と呼ばれる人の多くは占いをして生計を成り立たせている。しかも、彼らの占いは“責任”を追わなくても良い。皮肉な言い方をすれば、外れてもOKなので気楽なのだ。そこへいくと「占い師」と呼ばれる職業では、そうはいかない。外しても良いが、そうすると、それはそのまま“評判”として跳ね返ってくる。例えば私はTVの正月番組で日ハムの大谷選手に対して2017年は“スタートダッシュが悪いこと”“足を怪我しやすいこと”などを予言した。これらは職業柄“的中して当然”で、的中しなかった場合、100%間違いなく評判を落とし、批判されるに決まっている。ドナルド・トランプ氏にしても“矛盾に満ちた人物”であり、その言葉と実際が異なり、“社会生活か家族生活か”どちらかが犠牲になると予言している。この言葉の“真の意味”は、彼が実際になってのち明らかになるだろう。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.