今日の迷言・余言・禁言

「ドゥテルテ」&「トランプ」の品格

一国を率いるリーダーには、それなりの“品格”が求められる。もちろん、そういう法律や規約があるわけではない。ただ多くの人達が暗黙の中で、そう認識している。フィリピンの現大統領ドゥテルテ氏とアメリカの現大統領候補トランプ氏は、そういう意味で誰しもが首をかしげる。特にドゥテルテ氏は、現アメリカ大統領オバマ氏に対し「地獄に落ちろ」とまで発言している。ちょっとひどくないか。過激さは日々増していて「ヒトラーは300万人のユダヤ人を殺害した。フィリピンには300万人の麻薬中毒者がいる。私も喜んで殺したい」に至っては、唖然とするばかりである。実際、彼が大統領になって以降、既に麻薬がらみで3000人が殺害されている。もちろん、そのあまりの強硬さは米国だけでなくEUからも批判を浴びているが「地獄はすでに満杯だが、EUを恐れる理由などない」と切り返す。この人、大丈夫なんだろうか。一方、この大統領に比べれば、まだ“可愛いもの”と言えるのがトランプ氏だ。先ごろ、18年間にわたって“正当(?)な税金逃れ”をしていたことが発覚、それを「優れた実業家の証」であると自己弁護する。アメリカの戦没者遺族への批判。中絶した女性に罰を与えよという主張。自らポルノ動画に出ていた過去。中米移民への侮辱発言。自ら経営する会社で女性の容姿で解雇を言い渡したなど…なんとも「世界の看板・アメリカ」のリーダーとして、あまりに“品格”がなさすぎるというのが誰しも感じるところだ。そのトランプ氏だが、最近はどうも旗色が良くない。やっぱり“品がない”のが祟ってきたのか。それとも、少しだけ“過激さ”を控えたので、その分支持が低下しているのか、トランプ氏も解らないが、アメリカ国民が熱狂する“ヒーロー像”というのも、今一つ日本人には理解しがたい。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.