今日の迷言・余言・禁言

「ドゥテルテ」&「トランプ」の品格

一国を率いるリーダーには、それなりの“品格”が求められる。もちろん、そういう法律や規約があるわけではない。ただ多くの人達が暗黙の中で、そう認識している。フィリピンの現大統領ドゥテルテ氏とアメリカの現大統領候補トランプ氏は、そういう意味で誰しもが首をかしげる。特にドゥテルテ氏は、現アメリカ大統領オバマ氏に対し「地獄に落ちろ」とまで発言している。ちょっとひどくないか。過激さは日々増していて「ヒトラーは300万人のユダヤ人を殺害した。フィリピンには300万人の麻薬中毒者がいる。私も喜んで殺したい」に至っては、唖然とするばかりである。実際、彼が大統領になって以降、既に麻薬がらみで3000人が殺害されている。もちろん、そのあまりの強硬さは米国だけでなくEUからも批判を浴びているが「地獄はすでに満杯だが、EUを恐れる理由などない」と切り返す。この人、大丈夫なんだろうか。一方、この大統領に比べれば、まだ“可愛いもの”と言えるのがトランプ氏だ。先ごろ、18年間にわたって“正当(?)な税金逃れ”をしていたことが発覚、それを「優れた実業家の証」であると自己弁護する。アメリカの戦没者遺族への批判。中絶した女性に罰を与えよという主張。自らポルノ動画に出ていた過去。中米移民への侮辱発言。自ら経営する会社で女性の容姿で解雇を言い渡したなど…なんとも「世界の看板・アメリカ」のリーダーとして、あまりに“品格”がなさすぎるというのが誰しも感じるところだ。そのトランプ氏だが、最近はどうも旗色が良くない。やっぱり“品がない”のが祟ってきたのか。それとも、少しだけ“過激さ”を控えたので、その分支持が低下しているのか、トランプ氏も解らないが、アメリカ国民が熱狂する“ヒーロー像”というのも、今一つ日本人には理解しがたい。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.