今日の迷言・余言・禁言

「ドル円」が“円安方向”に動き始めている

このところ膠着感の強かった“ドル円相場”が動き始めている。ドル円は、春先に私が指摘したように「日銀」の“様子見姿勢”が手玉に取られて“円高方向”へと一気に加速し、120円前後だったのが100円まで上昇した。その結果、日本株は低迷し、景気減速へと拍車をかけた。“ドル円相場”は、そのまま“日本株相場”に直結し、株価下落は日本経済の“先行き”に“赤信号”を点滅させる。そういう意味で“ドル円相場”は、一般の人が思う以上に“日本経済の先行き”を左右しているのだ。このところ、ドル円は100円~101円を前後していて、或る意味、膠着状態が続いていた。ところが、ここ何日かで1ドル=103円まで静かに下落した。この“静かに下落”というのが重要で、つまりニュースなどに大きく取り上げられることなく“動き始めた”ことに意義がある。これは特別な政策変更などがないのに、つまり“目立った材料”がないのに動き始めていくことで、こういう形で動く時が“転換期”となりやすいのだ。どうして動き始めたのかというと、投機筋がしびれを切らして“方針転換”し始めたからである。どうしても100円付近で膠着してしまうなら、今度は一気に“円安方向”へポジションを転換しようとしているのだ。こういう場合、ヘッジファンドは“先を行く”。その方が大きく儲けられるからだ。今はまだ103円前後だがヘッジファンドが見据えているのは110円前後だと思う。それも年末あたりを意識しての数字だ。これまで日銀は、日銀なりの方法で“円安誘導”を何度もトライした。けれどもトレンドは変えられず、円高が進むばかりだった。今度は特別努力しなくても、じわじわと“円安方向”へと動き始めることだろう。日本経済にとって、これほどうれしいことはない。こうして年末あたりに1ドル=110円前後まで達していたなら、アベノミクスのもたらした成果だとか、日銀の努力の結果だとか、的外れの評価をする人たちが、必ず出てくるに違いない。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.