今日の迷言・余言・禁言

「ドル円」が“円安方向”に動き始めている

このところ膠着感の強かった“ドル円相場”が動き始めている。ドル円は、春先に私が指摘したように「日銀」の“様子見姿勢”が手玉に取られて“円高方向”へと一気に加速し、120円前後だったのが100円まで上昇した。その結果、日本株は低迷し、景気減速へと拍車をかけた。“ドル円相場”は、そのまま“日本株相場”に直結し、株価下落は日本経済の“先行き”に“赤信号”を点滅させる。そういう意味で“ドル円相場”は、一般の人が思う以上に“日本経済の先行き”を左右しているのだ。このところ、ドル円は100円~101円を前後していて、或る意味、膠着状態が続いていた。ところが、ここ何日かで1ドル=103円まで静かに下落した。この“静かに下落”というのが重要で、つまりニュースなどに大きく取り上げられることなく“動き始めた”ことに意義がある。これは特別な政策変更などがないのに、つまり“目立った材料”がないのに動き始めていくことで、こういう形で動く時が“転換期”となりやすいのだ。どうして動き始めたのかというと、投機筋がしびれを切らして“方針転換”し始めたからである。どうしても100円付近で膠着してしまうなら、今度は一気に“円安方向”へポジションを転換しようとしているのだ。こういう場合、ヘッジファンドは“先を行く”。その方が大きく儲けられるからだ。今はまだ103円前後だがヘッジファンドが見据えているのは110円前後だと思う。それも年末あたりを意識しての数字だ。これまで日銀は、日銀なりの方法で“円安誘導”を何度もトライした。けれどもトレンドは変えられず、円高が進むばかりだった。今度は特別努力しなくても、じわじわと“円安方向”へと動き始めることだろう。日本経済にとって、これほどうれしいことはない。こうして年末あたりに1ドル=110円前後まで達していたなら、アベノミクスのもたらした成果だとか、日銀の努力の結果だとか、的外れの評価をする人たちが、必ず出てくるに違いない。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.