今日の迷言・余言・禁言

「ナザレのイエス」という男

手相には「神秘十字形」と呼ばれる“十字”の形状が出現することがある。私自身にも“それ”はある。通常、キリスト教のシンボルとして「十字架」が描かれる。掌のほぼ中央に出現する“十字”の印は、けれども、キリスト教やユダヤ教には何の関係もない。宗教には“無縁の十字”である。私自身も“キリスト教徒”ではない。ただ、この“神秘十字形”を持っている人の多くは、“宗教”や“占い”や“心霊”に何らか関係のある人生を歩む。そういう風に出来ている。多分、だから「神秘十字形」なのだ。クリスマスは伝承的には「イエス・キリストの誕生祭」ということになっている。実際には、この日に産まれたという保証はないが、その当時「ナザレのイエス」と呼ばれた男がいたのは事実である。なぜ、そう呼ばれたかというと、ナザレの街に育った大工職人が「イエス」という名だったからだ。ごく平凡な名として「イエス」はあった。つまり「札幌の太郎さん」と呼ぶのと同じような呼び方で「ナザレのイエス」と呼ばれていただけの話である。そのイエスが、30代前半で“政治犯”として捕まり、布教活動の中で“民衆を扇動した”ということで“十字架刑”に処せられた。この十字架刑も、当時としては“特異な刑”ではない。角材に“磔となったイエス”は、多くの民衆から罵倒された。薄れゆく意識の中で、イエスは力なく叫んだ「我が神、我が神、どうしてあなたは私をお見捨てになったのですか」それは『詩編』の一説の朗誦だったが、死が近づいたイエスが、神に“恨み事”を叫んでいるようにも見えた。生前“イエスの奇跡”など何もなかったが、裏切った弟子たちは、彼の死後、自責の念に駆られて、彼の真摯な教えを広めようとした。それだけの話だった。パンは、いきなり増えたりはしなかったが、彼はいつでも、それを“平等に分けようと”努力していた。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.