今日の迷言・余言・禁言

「ナザレのイエス」という男

手相には「神秘十字形」と呼ばれる“十字”の形状が出現することがある。私自身にも“それ”はある。通常、キリスト教のシンボルとして「十字架」が描かれる。掌のほぼ中央に出現する“十字”の印は、けれども、キリスト教やユダヤ教には何の関係もない。宗教には“無縁の十字”である。私自身も“キリスト教徒”ではない。ただ、この“神秘十字形”を持っている人の多くは、“宗教”や“占い”や“心霊”に何らか関係のある人生を歩む。そういう風に出来ている。多分、だから「神秘十字形」なのだ。クリスマスは伝承的には「イエス・キリストの誕生祭」ということになっている。実際には、この日に産まれたという保証はないが、その当時「ナザレのイエス」と呼ばれた男がいたのは事実である。なぜ、そう呼ばれたかというと、ナザレの街に育った大工職人が「イエス」という名だったからだ。ごく平凡な名として「イエス」はあった。つまり「札幌の太郎さん」と呼ぶのと同じような呼び方で「ナザレのイエス」と呼ばれていただけの話である。そのイエスが、30代前半で“政治犯”として捕まり、布教活動の中で“民衆を扇動した”ということで“十字架刑”に処せられた。この十字架刑も、当時としては“特異な刑”ではない。角材に“磔となったイエス”は、多くの民衆から罵倒された。薄れゆく意識の中で、イエスは力なく叫んだ「我が神、我が神、どうしてあなたは私をお見捨てになったのですか」それは『詩編』の一説の朗誦だったが、死が近づいたイエスが、神に“恨み事”を叫んでいるようにも見えた。生前“イエスの奇跡”など何もなかったが、裏切った弟子たちは、彼の死後、自責の念に駆られて、彼の真摯な教えを広めようとした。それだけの話だった。パンは、いきなり増えたりはしなかったが、彼はいつでも、それを“平等に分けようと”努力していた。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.