今日の迷言・余言・禁言

「ニッポン」から“恋の歌”が消えていく理由

最近、“恋”を歌った大ヒット曲が出ない。誰もが口ずさむような“恋の歌”が無くなってしまった。70年代、80年代、あれほど次から次へと誕生した“恋の歌”が、なぜ出現しなくなってしまったのだろう。大ヒットしなくなってしまったのだろう。自己啓発のような“応援歌”とか、奇妙で抽象的な“生きている理由”を並べた歌はヒットしても、もっと単純で、もっと自然な、青春期特有の“熱い想い”が歌われていない。いや、歌われているのかもしれないが大ヒットしていない。いや、どういう歌でも良いが、誰もが“自然に口ずさみたくなる歌”というものがない。そういう歌は“昔の歌”でしか思い浮かばない。そう思っていたら、最近の調査で18歳~34歳までの未婚男女の8割以上は「結婚願望を持っている」のに、特定の「異性の交際相手がいない」人が男性7割、女性6割に達していることが判った。この数字は過去最高らしい。18歳~34歳と言えば、どんなところで、どんな暮らし方をしようと、異性への想いが“抑えようもなく湧き上がってくる”年齢ではないか。それなのに、特定の“交際相手がいない”とはどういうことだろう。つまり「歌を忘れたカナリア」ならぬ「恋を忘れた青春期」を過ごしているということなのか。そういう人たちが6割以上を占めているのであれば、“恋の歌”が大ヒットしないのは当然のことだった。“片想いの歌”すらヒットしないのは、“恋なき青春”が当たり前になりつつあるからなのか。ここで見逃してはならないのは、結婚願望は8割以上が持っているという事実だ。そうだとすれば古典的な「お見合い」制度を復活させた方が良い。元々“恋心”というものは、映画『男はつらいよ』の“寅さん”のごとく単純で発作的なものである。そして理性を情感が上回っているから成立するのだ。それが乏しい以上、古典的な「お見合い」制度の方が“良い結婚”に結び付く。今こそ“世話好きなおばさん”が大活躍すべき時期なのだ。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.