今日の迷言・余言・禁言

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和賞」にアメリカのトランプ大統領がノミネートされたというニュース。おそらく、多くの日本人は「なぜ?」と思うに違いない。けれども、この賞には元々「なぜ?」という部分が昔から付き纏っている。例えばミャンマーのアウンサンスーチー氏は「ノーベル平和賞」を過去に授けられている一人だ。ところが、彼女は“似たような賞”で、欧州議会というところが授与している「サハロフ賞」も過去に受賞しているが、この賞による“人権活動の資格”を最近になって剥奪された。既に国家指導者となっているのに、少数派であるイスラム教徒ロヒンギャへの迫害を「黙認している」というのが、その理由だ。つまり、人権を尊重するリーダーと観て授与したのに、実際に権力の座に就くと、過激な迫害も見過ごしているというのだ。実は、この点に関しては、その背景に根深い宗教問題がある。仏教徒の多いミャンマーにとって、イスラム教徒であるロヒンギャの人々は優遇できない事情が潜んでいる。同じことは中東にもあって「イスラエル」という国家を多くのイスラム諸国は認めて来なかった。それが今年9月になってアメリカの努力によってイスラエルのネタニヤフ首相とUAE(アラブ首長国連邦)のアブドラ外相とがホワイトハウスで国交樹立の“歴史的調印”をするのだ。そのために、アメリカの大統領補佐官や国務長官などが何度も中東に足を運んでいる。トランプ大統領自身は直接足を運んでいないが、実質的にそれを指揮したのは大統領であるから、歴史的に観ると“和平に貢献した”意義は大きい。もっとも、トランプ大統領が本当に「和平」とか「平和」を意図してそれに力を注いだのかには大いに疑問がある。実はトランプ大統領が「ノーベル平和賞」にノミネートされるのは今回が初めてではない。2年前にも「南北朝鮮の融和に尽力した」ということでノミネートされている。確かに、そういわれてみれば金正恩氏と抱き合っている。ところが、その後で南北朝鮮は「融和」どころか対立を深めている。それに、この時もトランプ大統領は「和平」のために動いたのではない。もう「平和賞」という賞は、止めてしまった方が良いような…。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.