素顔のひとり言

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶えやすく簡単に変えられないのか。パソコン内でも早く「指紋認証型」を採用してほしい。「パスワード」を失くしたり、忘れたりすると、ギブ・アップでそこから一歩も進めなくなる。実は、二台のパソコンを使っているが、そのうちの一台が壊れてしまった。専門家に直してもらったが、ハード面からの根本的な入れ替え修理で「パスワード」が必要なのだが、全く記憶していない。あれこれ探したが、どうにもわからない。そこで仕方がなく“新たなパスワード”に切り替えてもらった。そうしてやっと使用できるようになった。ところが、二台並行して使用していることを忘れていた。“新たなパスワード”に切り替えたことで、今度はもう一台のパソコンに「エラー」が出てしまって開けない。

故障すると自分で治せない私は“ITの技術者”に来ていただくことになる。いろいろ仕事にも支障が出るし、金銭も出ていくし、今日から地方に4日間行く予定で、そのあとまで使えないことになる。ほんとうに厄介なことこの上ない。この前も“金融の取引ページ”が開けなくなって、頭を抱えたことがある。幸い引き出しの底から「パスワード」が書かれた葉書が出てきて命拾いしたばかりだ。今回の地震などでも「パスワード」が解らなくなってしまった方が多数おられるに違いない。ITの世界は、確かに便利なのだが“融通が利かな過ぎる”ので、この点を何とかしてもらわなければ“自分のものなのに自分のものでなくなる”不幸な出来事が発生することになりやすい。

近年は「自分」であることを証明する“あらゆる情報”を一か所に管理する形で、パソコンやスマホ・携帯電話に集約している場合が多い。それだけに、それらのものを失ってしまうと“何もかも”が失われ、生活そのものが一瞬にして困難になってしまう。昔なら、それらはそれぞれの「窓口」まで出向けば何とかなった。ところが“ITの時代”は、顔を突き合わせても「パスワード」が解らなければ、相手・担当者もその「鍵」を開くことが出来ない。仮に本人だと判っても、どうすることも出来ない場合がある。「指紋認証型」でも「眼球認証型」でも「静脈認証型」でも何でも良いが、早く面倒な手続きなしで“本人”と認証し「パスワード」を忘れても、失くしても、すぐ対応できるようなシステムを開発してもらいたい。お年寄りたちの多くが「振り込み詐欺」被害で金銭を失うのも、結局、金融機関のIT化が進んだからで、昔のような対面式なら“失わずに済んでいた”被害も多数あるに違いない。時代の変化で“IT化”それ自体は仕方がないが、もう少し“融通が利く”IT化を進めてほしい。

ちなみに私は、一時期パソコンでホロスコープや四柱命式を出していたが、現在は元に戻す形で“手書き”方式に変えている。その方が実質的に見やすいし、記憶に残りやすく、ホロスコープは特に“アスペクトの判別”が容易である。パソコンは確かに正確で早くて良いのだが、個々の惑星間の位置判別が一見しただけでは解りにくい。プリントも時間が掛かるし、瞬時の勘が働きづらい。要するに私の場合は“手書き”の方が実占向きなのだ。以前、或る占星家と一緒になった時、彼は「科学的なホロスコープはITでなければ無理だ」というようなことを言った。確かに、この人は“手書き”など絶対にしないタイプの方であった。ただ、この方のホロスコープ解釈は“マイナーアスペクト”を取り入れることがなく、“メジャーアスペクト”一本でオーブが広く、“古典的な解釈”の典型であった。つまり形としては“科学的”なのだが、中身が“非科学的”なのだ。アスペクトのオーブを広く取るなら“科学的に厳密なホロスコープ”など意味がない。そういう根本的なことが解っていないように思われた。彼は“欧米の技法”をいち早く取り入れることで、“科学的”だと自負しているのかもしれないが、実際の判断において“科学的”であるかどうかは、合理的な考え方に基づいて判断しているかどうかなのだ。欧米の“新しい技法”だから科学的だと考えるのであれば、その考え方そのものが“非科学的”だと言わざるを得ない。

占いは“科学的”であろうとなかろうと、多くの悩める人たちの“人生上の羅針盤”として、寄与するところがあればそれで良い。個々それぞれ「心のパスワード」があり、それは本人だけが知っている。少なくとも、それは“単なる数字でも記号”でもない。しかも、それは「運命」と深く結びつき、一筋縄では解けない「パスワード」になっている。“心の専門家”でもあり、“運命の専門家”でもある占い師は、解けない「パスワード」と格闘しながら、その人の人生が開けるよう“技術の限り”を尽くしていく。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.