今日の迷言・余言・禁言

「パニック障害」の温床はどこにでもある

日本人は他の人種や民族に比べて“デリケート”な傾向がみられる。日本の持っている自然風土、食生活の在り方、対人関係での慣習などがそうさせているのかもしれない。日本人の手相と外国人の手相とを観比べると、その繊細な変化と違いがよく解かる。特に十代半ばから二十代半ばくらいまでの期間がもっともデリケートに変化する。もちろんこれは“全体的な傾向”であって、日本人でも“図太い神経”の持ち主や外国人でも“繊細な神経”の持ち主は居る。だから、あくまで“全体的に見れば”という意味でなのだが…。最近、著名人で「パニック障害だった」と公表している人が多い。医学的観点からいうと「パニック障害」は“神経系の病気”に属し、神経質な性格や潔癖な性格は多少関係しているかもしれないが、“性格的な弱さ”から来る病気ではない。パニック障害は、強いストレスや過度の緊張感、不安や恐怖によっても発生する病気で、めまいとか耳鳴り、激しい動悸、過呼吸や立ち眩みなどの症状を引き起こす。身動きが出来なくなるケースも多い。ジャニーズ系のKing&prince岩橋玄樹氏やsexyzone松島聡氏が「パニック障害」で昨年11月より活動休止となっている。岩橋氏の場合、今年2月になって活動を再開したのだが、すぐにまた症状が現れ、昨日、本格的に入院をして治療に専念するということが公表された。この病気の場合、外見的には“病気である”ということが分かりにくい。ただ単に疲れているとか、一時的パニックかとか、性格がプレッシャーに弱いだけなのではないか、などとの誤解を受けやすい。実際、一見すると“そういう病気”になりそうもないような人たちが多く掛かっている。例えば、鬼束ちひろ氏、広田レオナ氏、IKKO氏、大江裕氏、安西ひろこ氏、高嶋政伸氏、高木美保氏、大場久美子氏などだ。人前に出る職業の人達の方が「掛かりやすい」と言われている。確かに私も人前に出ると緊張する。パニックで自分が何を言っているのかわからなくなる。何を書いてるのかわからなくなる。もしかすると私も……そう言えば、この頃、階段の途中で歩けなくなる。妙に動悸が激しいのだ。それに何よりも、目の前が真っ暗になり、すぐ眠くなるのだ。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.