今日の迷言・余言・禁言

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”ということだけは、誰にでも解かる。この通貨の面白いところは、値動きが激しいというところ。まあ単純に言えば株価や、ドル円相場と同じで、同じ金額でも“価値が違って来る”仕組みとなっている。例えば、海外に行ったときに、去年まで100円で買えたものが今年は110円になっているのと同じような感覚と思えば良い。その「ビットコイン」だが、今年の1月には葯11万円だったものが、11月26日には葯100万円、そしてとうとう12月8日には一時200万円を突破した。つまり、年初から持っていれば20倍近くまで値上がりしていた…ということ。う~ん、すごい。ただ、もしかしたらそこがピークだったのかもしれず、現時点では170万円前後まで値下がりしつつある。もっとも、一時的に急騰し過ぎたので、その反動での急落かもしれず、一概に“終わった!”とは断定しきれない。10日以降に「先物取引」が開始されるということで、その先手を打っての急騰だった可能性もある。ただ、こんなに上がり下がりが激しいのでは、実際の“通貨”として使用可能なのだろうか、と疑問符が付く。もちろん、現在でも一部では“正当な通貨”として使用もされているのだが、個人所有が多いため、主要国からの規制強化が掛かるとか、いったん大口の事業者が手を引いた時、一斉に売りに回ってパニックとなり下げ止まらなくなる可能性がある。株の取引でもそうだが、急騰の時には誰もが買い求め、急落の時には誰もが売り急ぐ。どんなに売りたくても、買い手のつかないものは売ることが出来ない。カッコよく“売りぬく”ことなど、素人にはなかなかできないのだ。それでみんな大損するのである。ましてや仮想通貨は実体がないので“紙屑”にもならない。今回の急騰は明らかに異常である。“高値掴み(100万円以上)”をしている人は、早めに“売りぬいた”方が良いかも⁉


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.