今日の迷言・余言・禁言

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”ということだけは、誰にでも解かる。この通貨の面白いところは、値動きが激しいというところ。まあ単純に言えば株価や、ドル円相場と同じで、同じ金額でも“価値が違って来る”仕組みとなっている。例えば、海外に行ったときに、去年まで100円で買えたものが今年は110円になっているのと同じような感覚と思えば良い。その「ビットコイン」だが、今年の1月には葯11万円だったものが、11月26日には葯100万円、そしてとうとう12月8日には一時200万円を突破した。つまり、年初から持っていれば20倍近くまで値上がりしていた…ということ。う~ん、すごい。ただ、もしかしたらそこがピークだったのかもしれず、現時点では170万円前後まで値下がりしつつある。もっとも、一時的に急騰し過ぎたので、その反動での急落かもしれず、一概に“終わった!”とは断定しきれない。10日以降に「先物取引」が開始されるということで、その先手を打っての急騰だった可能性もある。ただ、こんなに上がり下がりが激しいのでは、実際の“通貨”として使用可能なのだろうか、と疑問符が付く。もちろん、現在でも一部では“正当な通貨”として使用もされているのだが、個人所有が多いため、主要国からの規制強化が掛かるとか、いったん大口の事業者が手を引いた時、一斉に売りに回ってパニックとなり下げ止まらなくなる可能性がある。株の取引でもそうだが、急騰の時には誰もが買い求め、急落の時には誰もが売り急ぐ。どんなに売りたくても、買い手のつかないものは売ることが出来ない。カッコよく“売りぬく”ことなど、素人にはなかなかできないのだ。それでみんな大損するのである。ましてや仮想通貨は実体がないので“紙屑”にもならない。今回の急騰は明らかに異常である。“高値掴み(100万円以上)”をしている人は、早めに“売りぬいた”方が良いかも⁉


最近の記事はこちら

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

“遊ぶ金”欲しさで、一生を棒に振る若者たち

昨日、広島県で会社役員ら5名が「給付金詐欺容疑」で逮捕された。逮捕者以外にも十数人が関わっている模様で、かなり組織的に行われた様相が出てきた。この「給付金」は、元々フリーなどで働く“個人事業主”を対象…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.