今日の迷言・余言・禁言

「ピエロ」が差し出す“花束”と“銃口”

息子の誕生日にピエロの格好をした人物が“花束”を届けてくれたなら、当然、玄関を開け、それを受取ろうとするだろう。室内では息子の友人たちも来ていて、楽しくパーティーが開かれていたのだから…。疑う気持ちなど微塵もなかったに違いない。ピエロは花束と同時に大きな風船まで差し出した。笑顔でそれを受け取りながら、誰からのプレゼントなのか尋ねようとしたその矢先、両手がふさがった彼女の目の前に、黙ったまま銃口が差し向けられた。最初、彼女は“冗談?”なのかと思った。ピエロ姿で花束を届けてくれた人物から銃口を向けられて、何が何だか解からなくなったのだ。ピエロは最後まで言葉を発しなかった。黙ったまま彼女の顔面目掛けて銃の引き金を引いた。鈍い音がし、顔面から血を流し、彼女は倒れ込んだ。パーティーの部屋には、銃弾が聞こえたはずだが、騒いでいたせいか誰も出てこなかった。ピエロは黙ったまま玄関から車に引き返して、静かに走り去っていった。これが1990年にフロリダ州で起きた事件のあらましである。早い段階で一人の容疑者が浮上したが、証拠がなかった。こうして事件から27年が経った。ところが、2014年になって、この地区の保安官事務所は“未解決事件”の再捜査に乗り出した。そしてついに事件当時にはまだ採用されていなかったDNA検査で容疑者の証拠をつかんだ。容疑者は1300キロも離れたバージニア州に居た。その容疑者の女を逮捕したとき、彼女は車の中で一人の男性と一緒だった。その男性とは、容疑者が殺した女性の夫だった人物である。事件から12年後に、二人は“結婚”していたのだ。実は、この事件が起きる12年前にもアメリカでは「ピエロ殺人」の人物が逮捕され全米を震撼させた。その人物ジョン・ウェイン・ゲイシ―は、街の有力者で慈善事業にも積極的な人物だった。その一方で、33人の少年を暴行して殺害、自分の所有している土地に次々と埋めていたのだ。何かの調査で、サイコ殺人を起こす可能性の低い職業として「慈善事業家」が掲げられていたが、彼の場合には全米を代表するような「ピエロ慈善家」だった。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.