今日の迷言・余言・禁言

「ピエロ」が差し出す“花束”と“銃口”

息子の誕生日にピエロの格好をした人物が“花束”を届けてくれたなら、当然、玄関を開け、それを受取ろうとするだろう。室内では息子の友人たちも来ていて、楽しくパーティーが開かれていたのだから…。疑う気持ちなど微塵もなかったに違いない。ピエロは花束と同時に大きな風船まで差し出した。笑顔でそれを受け取りながら、誰からのプレゼントなのか尋ねようとしたその矢先、両手がふさがった彼女の目の前に、黙ったまま銃口が差し向けられた。最初、彼女は“冗談?”なのかと思った。ピエロ姿で花束を届けてくれた人物から銃口を向けられて、何が何だか解からなくなったのだ。ピエロは最後まで言葉を発しなかった。黙ったまま彼女の顔面目掛けて銃の引き金を引いた。鈍い音がし、顔面から血を流し、彼女は倒れ込んだ。パーティーの部屋には、銃弾が聞こえたはずだが、騒いでいたせいか誰も出てこなかった。ピエロは黙ったまま玄関から車に引き返して、静かに走り去っていった。これが1990年にフロリダ州で起きた事件のあらましである。早い段階で一人の容疑者が浮上したが、証拠がなかった。こうして事件から27年が経った。ところが、2014年になって、この地区の保安官事務所は“未解決事件”の再捜査に乗り出した。そしてついに事件当時にはまだ採用されていなかったDNA検査で容疑者の証拠をつかんだ。容疑者は1300キロも離れたバージニア州に居た。その容疑者の女を逮捕したとき、彼女は車の中で一人の男性と一緒だった。その男性とは、容疑者が殺した女性の夫だった人物である。事件から12年後に、二人は“結婚”していたのだ。実は、この事件が起きる12年前にもアメリカでは「ピエロ殺人」の人物が逮捕され全米を震撼させた。その人物ジョン・ウェイン・ゲイシ―は、街の有力者で慈善事業にも積極的な人物だった。その一方で、33人の少年を暴行して殺害、自分の所有している土地に次々と埋めていたのだ。何かの調査で、サイコ殺人を起こす可能性の低い職業として「慈善事業家」が掲げられていたが、彼の場合には全米を代表するような「ピエロ慈善家」だった。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.