今日の迷言・余言・禁言

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネズミによる感染症”らしいが、過去の歴史を調べると、驚くほどの猛威を振るっている。私は以前、中世期におけるペストの流行が、あのノストラダムスという予言者を登場させたと述べた。元々は医師であった彼だが、1534年、自分の妻や子供がペストに掛かった時、その病を自らの手で救うことができなかった。その結果、医学の“無力さ”を感じて、占星学や魔術の研究にのめり込んだのだ。ところが、そのノストラダムスの時代のペストの流行は、現代から振り返ると、それほど“大流行”というほどでもなかった。歴史上の記述には“大流行の年”とは記載されていないからだ。史上、もっとも有名なのは1347年~1353年にかけての大流行で、ヨーロッパ全人口の三分の一が死亡した、とも言われている。つまり、この時期2000万人以上がペストで亡くなっているのだ。もっと、昔からペストはあった。紀元前の古代エジプトの時代に“石切り場”で“死の感染症”が蔓延し、その石切り場すべてが封印され、中にいる全員の「死」を待った、という記録がある。その後、紀元541年の東ローマ帝国の時代にも発生し、さらに翌年には西ローマ帝国まで伝播し、その五年後にはイギリス諸島にも蔓延したという。イギリスにはしばしば“ペストに悩まされた時代”があって、1592年~1594年の間も流行し、さらに1664年~1665年のロンドンでも大流行した。この時、死者は7万人に達したという。一方、中国では1334年に杭州で流行したのがもっとも早く、その後、1855年には雲南省で流行し、1894年には広州と香港で大流行した。この時の死者は8万人とも10万人とも言われる。このように見て来ると、感染症による死者の拡大は昔も今も変わっていないのだ。そうして、感染症が大流行することによって、世界の歴史は大きく塗り替えられてきた。「征服の歴史」から「防衛の歴史」へと舵を切るのだ。こうして、神は、人間たちに“初心に戻る”よう強制する。


最近の記事はこちら

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.