今日の迷言・余言・禁言

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネズミによる感染症”らしいが、過去の歴史を調べると、驚くほどの猛威を振るっている。私は以前、中世期におけるペストの流行が、あのノストラダムスという予言者を登場させたと述べた。元々は医師であった彼だが、1534年、自分の妻や子供がペストに掛かった時、その病を自らの手で救うことができなかった。その結果、医学の“無力さ”を感じて、占星学や魔術の研究にのめり込んだのだ。ところが、そのノストラダムスの時代のペストの流行は、現代から振り返ると、それほど“大流行”というほどでもなかった。歴史上の記述には“大流行の年”とは記載されていないからだ。史上、もっとも有名なのは1347年~1353年にかけての大流行で、ヨーロッパ全人口の三分の一が死亡した、とも言われている。つまり、この時期2000万人以上がペストで亡くなっているのだ。もっと、昔からペストはあった。紀元前の古代エジプトの時代に“石切り場”で“死の感染症”が蔓延し、その石切り場すべてが封印され、中にいる全員の「死」を待った、という記録がある。その後、紀元541年の東ローマ帝国の時代にも発生し、さらに翌年には西ローマ帝国まで伝播し、その五年後にはイギリス諸島にも蔓延したという。イギリスにはしばしば“ペストに悩まされた時代”があって、1592年~1594年の間も流行し、さらに1664年~1665年のロンドンでも大流行した。この時、死者は7万人に達したという。一方、中国では1334年に杭州で流行したのがもっとも早く、その後、1855年には雲南省で流行し、1894年には広州と香港で大流行した。この時の死者は8万人とも10万人とも言われる。このように見て来ると、感染症による死者の拡大は昔も今も変わっていないのだ。そうして、感染症が大流行することによって、世界の歴史は大きく塗り替えられてきた。「征服の歴史」から「防衛の歴史」へと舵を切るのだ。こうして、神は、人間たちに“初心に戻る”よう強制する。


最近の記事はこちら

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になること…続きを読む

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.