今日の迷言・余言・禁言

「マイペース」と「自分の世界」こそ“幸せの原水”

誰でも自分にとって「丁度良いペース」の“生活リズム”というものがあります。仕事上の“サイクル”や“速度”である場合もあれば、人との“関わり方”である場合、新たなものに対する“吸収の仕方”である場合もあります。とにかく「自分なりのペース」で物事を進めるのが一番疲れないし、自然で無理がなく、ストレスが生じない基本であることは誰もが知っています。知ってはいるのですが、実際にはなかなか「マイペース」を貫けない状況も多いものです。そして自分なりのペースが乱されると、人は“不安”になるとか、“焦り”が生じるとか、“苛立ち”が強まるとかするものです。つまり、極力「マイペース」が許される環境にいることが心身の健康を保つ第一の秘訣です。また「自分の世界」と言えるような“趣味的な空間”を持つことが出来れば、そこが“個性の輝き”をもたらしてくれるとか、“癒し”を与えてくれるとか、“至福の時間”を授けてくれます。「自分の世界」は当然ながら“強要されたものでないこと”が条件で、“仕事分野”でも、“趣味世界”でも、“嗜好空間”でも、実際には何でも良いのです。この「マイペース」と「自分の世界」を得ることが出来れば、人は“幸せ”を実感して生きることが出来るものです。それらが失われてしまうと、他のどんな部分が満たされていようと、生活に“充実感”を得ることはできません。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.