今日の迷言・余言・禁言

「マナー」も大切だが「対策」も必要

このところ新千歳空港はホテルのようなありさまで、のべ1万1600人が空港内で寝泊まりする羽目になったらしい。そこで、どうしてもこういう問題が起こる。飛行機が欠航するということに怒って、中国人客たち100人ほどが騒ぎ出し、ゲートを勝手に潜り抜けるものも出て来て警察官と衝突し、一時、大騒ぎになったというのだ。実は前から、私はこういう事態がそのうち起こるのではないだろうか、と危ぶんでいた。というのも、今回は全国的にも大きく報道されたが、それほど大きく報道されていない“予想外の欠航”が新千歳空港では大変に多いのだ。つまり極端に“悪天候に弱い空港”なのである。今回もいくつかのコンサートなどが急きょ中止になったが、日本人は総じて「マナー」が良いので“抗議”しないが、客観的に観て抗議されても仕方がないようなケースが多い。つまり、こういうことは“今に始まったことではない”ということである。にも拘らず、その対策が一向に講じられていない。増えてきた訪日客にこたえるため、新千歳空港の拡張工事が行われることは知っているが、冬場に多く発生する「欠航」に対しての“対応策”は決して十分とは言えない。確かに毛布などを貸し出して、空港内を開放し、寝場所を与えて対応してはいるが、それはあくまで応急措置で、もっと根本的な対策が必要なのだ。なぜなら、ここは北海道で、いくら毛布を貸し出しても南国から来ている人たちには“寒い”に決まっているからだ。近隣にホテルでもあれば別だが、空港付近にはホテルがない。札幌でさえもホテルは不足している。“雪まつり”の時など、足りてはいないのだ。訪日観光客を取り込むのは良いが、その前に必要な対策を準備しておかなければ、今回のようなトラブルは再び起こる。それも、単なる“小競り合い”程度ではなく、もっと大掛かりな暴力事件とか空港施設の破壊とか、そういうことにまで発展する可能性だってないとは言えない。大きな事故が起こってからでは遅いのだが…。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.