今日の迷言・余言・禁言

「マニアックなパン」を販売した可能性は…

世の中、時々“とてもマニアックな趣味”の人というのはいる。まあ、自分だけで楽しむ分には問題ないのだが、強引に人を巻き込んでしまうと、それはもう「犯罪」の領域となる。4月29日に逮捕されたパン製造販売業の梅田誠(55歳)の場合は、ちょっとヤバかった。逮捕されたのは初めてかもしれないが、おそらく彼は“初めての行為”ではない。犯罪は犯罪なのだが、それに気付かず犯人が離れてしまうと、もうどこにも訴えようがなく、さらには「もしかして私自身の…」と勘違いも起こりやすく、見過ごされてきた犯罪に違いない。おそらく彼は、自分の気に入った女性に背後から接近し、お尻目掛けてシューっとひと吹きするのだ。スプレーボトルに入っている「自らの尿」を鉢植えに水を与える如くに吹きかけるのだ。4月12日の朝にも、そうやってコンビニ内で買い物をしようとしていた女性(32歳)に吹きかけた。ところが、被害者はすぐに気づいて、犯人は見失ったが即刻警察に届け出た。やがて防犯カメラなどから犯人が特定され、パン製造販売業の梅田容疑者が捕まったのだ。女性のお尻目掛けてスプレーを吹きかけるとどうなるか。当然、スカートのヒップの部分が濡れて汚れる。しかも、それは「尿」なので“臭い付き”である。観ようによっては、その女性が“おもらし”をしてしまったかのように見えることだろう。多分、周りから“そういう眼”で観られること、その結果“恥ずかしい想い”をすることが、容疑者の狙いであったと思われる。もし被害者が面識ある女性なら何らかの復讐の可能性もあるが、面識ない女性なら間違いなく“そのこと”自体が無上の喜びとなる性癖なのに違いない。そして、後者なら“初めての行為”ではないはずなのだ。だから、被害者は何人もいて、けれども“乾いてしまう”と訴えるのも面倒で、そのままになってしまっていたに違いない。さて問題は、果たして“お尻目掛けて”だけだったのだろうか…という点だ。彼はパン製造販売業である。自分でパンを作るのだ。販売もしている。例えば毎日、同じ時間に買いに来る女性が居て、同じパンを購入していくとする。彼の“性癖”からすると、そのパンの中に「自らの尿」を少々加えたいと思ってしまうのではないだろうか。もちろん、あくまで“少々”だ。ちょっとだけ“違う香りのするパン”…というのはなかったのだろうか?


最近の記事はこちら

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.