今日の迷言・余言・禁言

「マニアックなパン」を販売した可能性は…

世の中、時々“とてもマニアックな趣味”の人というのはいる。まあ、自分だけで楽しむ分には問題ないのだが、強引に人を巻き込んでしまうと、それはもう「犯罪」の領域となる。4月29日に逮捕されたパン製造販売業の梅田誠(55歳)の場合は、ちょっとヤバかった。逮捕されたのは初めてかもしれないが、おそらく彼は“初めての行為”ではない。犯罪は犯罪なのだが、それに気付かず犯人が離れてしまうと、もうどこにも訴えようがなく、さらには「もしかして私自身の…」と勘違いも起こりやすく、見過ごされてきた犯罪に違いない。おそらく彼は、自分の気に入った女性に背後から接近し、お尻目掛けてシューっとひと吹きするのだ。スプレーボトルに入っている「自らの尿」を鉢植えに水を与える如くに吹きかけるのだ。4月12日の朝にも、そうやってコンビニ内で買い物をしようとしていた女性(32歳)に吹きかけた。ところが、被害者はすぐに気づいて、犯人は見失ったが即刻警察に届け出た。やがて防犯カメラなどから犯人が特定され、パン製造販売業の梅田容疑者が捕まったのだ。女性のお尻目掛けてスプレーを吹きかけるとどうなるか。当然、スカートのヒップの部分が濡れて汚れる。しかも、それは「尿」なので“臭い付き”である。観ようによっては、その女性が“おもらし”をしてしまったかのように見えることだろう。多分、周りから“そういう眼”で観られること、その結果“恥ずかしい想い”をすることが、容疑者の狙いであったと思われる。もし被害者が面識ある女性なら何らかの復讐の可能性もあるが、面識ない女性なら間違いなく“そのこと”自体が無上の喜びとなる性癖なのに違いない。そして、後者なら“初めての行為”ではないはずなのだ。だから、被害者は何人もいて、けれども“乾いてしまう”と訴えるのも面倒で、そのままになってしまっていたに違いない。さて問題は、果たして“お尻目掛けて”だけだったのだろうか…という点だ。彼はパン製造販売業である。自分でパンを作るのだ。販売もしている。例えば毎日、同じ時間に買いに来る女性が居て、同じパンを購入していくとする。彼の“性癖”からすると、そのパンの中に「自らの尿」を少々加えたいと思ってしまうのではないだろうか。もちろん、あくまで“少々”だ。ちょっとだけ“違う香りのするパン”…というのはなかったのだろうか?


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.