今日の迷言・余言・禁言

「マンホールの蓋」として生きていく

8月15日に乳がんの為53歳の若さで逝った「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん。その彼女が描いた「マンホールの蓋」のデザイン画が公表された。実に明るく爽やかな印象の「ちびまる子ちゃん」が描かれた“マンホール画像”である。提案された静岡市としては8月下旬に“お披露目”予定だったらしい。つまり完成したが、彼女の死には間に合わなかったのだ。多分、さくらももこさん自身はそうなるだろうことを感じていたに違いない。だから、あえて自分の故郷である静岡市の方へ、自ら提案したに違いないのだ。自分の“身代わり”である「ちびまる子ちゃん」が“マンホールの蓋”になって、学童たちの行き来を見守り続けていたい。或いは、いつまでも学童たちと“向き合って”いたかったのだ。彼女の“生まれ育った”静岡市には、原作の記念館である「ちびまる子ちゃんランド」がある。さらに、彼女が作詞した「まるちゃんの静岡音頭」という“市のPRソング”もある。幼い頃、実際に母親から言われた「ちびまる子ちゃん」という自分への呼び名をそのまま漫画化して大成功した。彼女の中では、いつまでも“自分の幼少時代”が仕事の源泉として息づいていたに違いない。がんとの闘病が長く続いて、“ちびまる子”の時代に戻りたい、という意識が強くなったに違いない。そういう時に、自らが“故郷に帰る方法”として、彼女は“マンホールの蓋”になることを択んだ。そうすれば、いつまでも“あの頃”で居られるのだ。永遠の“小学三年生”として一緒に児童たちと学校に通える。自ら作詞した歌も“お祭り”の時など子供たちに歌ってもらえる。「ちびまる子ちゃんランド」という記念館は“おうち”として子供たちに来てもらえる。そういう想いもあって、彼女は自らの“死”が近づく中で何度も足を運んだらしい。“お忍び”で誰にも気付かれることなく、自分のおうちを訪れていたらしい。だから、きっとこれからも“お忍び”で訪ねていくに違いない。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.